アウトリーチ

■一般公開プログラム「高校生によるポスター発表」開催!
日本地球惑星科学連合2008年大会では、2006年大会より3年目となる、「高校生によるポスター発表」セッションを大会1日目の5月25日(日)に開催しました。 高校生が行った地球惑星科学分野における研究や学習の成果を発表し、研究者と交流できる場を提供するのが目的です。今年は昨年を上回る24校37件の発表がありました。

昨年と同様、コアタイムの前に口頭による概要説明の時間を設けました。各発表1分という短い時間にもかかわらず、的確で分かりやすいポスター紹介が行われ、堂々とした高校生の姿に,参加していた研究者も感心しきりでした。 また、インターネットのビデオチャット機能を利用した遠隔地口頭発表(質問含め10分)も2件行い,北海道と九州にいる高校生たちとの双方向のプレゼンテーションを成功裏に修めることができました。

午後のコアタイムには、広報・アウトリーチ委員が中心となって、 プレゼンテーションと発表内容の観点からそれぞれのポスターを審査し、表彰式において以下の賞を授与いたしました。
  

最優秀賞   
東京都立戸山高等学校 『化石から推定する堆積環境』
優秀賞
長野県諏訪清陵高等学校 『スプライト観測(SSHコンソーシアム事業)』
立命館高等学校 『京都府亀岡市湯ノ花における菫青石仮晶の産状と結晶成長 』
茨城県立水戸第二高等学校 『可変焦点式反射望遠鏡の試作』
奨励賞
埼玉県立越谷北高等学校 『分光観測で求めた地球照の正体』
大阪教育大学附属高校天王寺校舎 『修学旅行を利用した緯度による重力の違いの測定』
茨城県立水戸第二高等学校 『金属鏡の研磨』
茨城県立水戸第二高等学校 『大子町の地質調査』

来年も継続して実施する予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
なお、本セッションの開催には日本科学未来館のご協力を得ております。

 
   

   

日本地球惑星科学連合2008年大会 
一般公開プログラム「高校生によるポスター発表」


スケジュール
以下のスケジュールで行いました。
1月23日  参加登録開始
 日本地球惑星科学連合のHPに設けた申込専用ページに高校名、発表タイトル、連絡先などを記入していただき、参加登録していただきました。希望された高校からは予稿を送っていただき、連合大会CD-ROMに掲載させていただきました。参加登録については会場スペースの制約の為、予定ポスター数に達し次第、締め切らせていただきました。
3月31日 参加登録(予稿CD-ROM・大会プログラム掲載)締切

4月14日
 参加登録(大会Web掲載) 締切
4月中旬 プログラム公開開始
5月中旬 ポスター事前相談
 希望された高校からはポスターの原稿を送っていただき、広報・アウトリーチ委員が中心となってアドバイスしました。
5月25日 セッション開催

 掲示時間9:00−17:00
 11:30−12:30 ビデオチャットと概要説明(国際会議場)
 12:30−13:45 昼休み
 13:45−15:15 ★ポスター発表コアタイム★(ポスター会場)
 16:15−17:00 表彰式(201A)
 
   
参加校と発表タイトルリスト
以下の37件の発表がありました。
 
タイトル 高校名
流星の電波観測機器の製作 東京都立総合工科高等学校
スプライト発生に関する研究 岐阜県立岐山高等学校
アラスカ・オーロラ観測と極地実験(3) 長野県諏訪清陵高等学校
スプライト観測(SSHコンソーシアム事業) 長野県諏訪清陵高等学校
京都市向島ニュータウンでのヒートアイランド調査 京都府立桃山高等学校
京都府亀岡市湯ノ花における菫青石仮晶の産状と結晶成長 立命館高校
岩手県雫石町に分布する舛沢層に発見した火山豆石 岩手県立盛岡第一高等学校
2007年2月14日袋井市で発生した突風の被害と原因 静岡県立磐田南高等学校
2007年6月1日静岡県西部で発生した地震による校舎の詳細震度 静岡県立磐田南高等学校
水瓶座σ星の星食から求めた月の諸量 静岡県立磐田南高等学校
電波望遠鏡の製作と木星電波の検出 静岡県立磐田南高等学校
SSHコンソーシアムによる高高度発光現象の観測 高知県立高知小津高等学校
分光観測で求めた地球照の正体 埼玉県立越谷北高等学校
化石から推定する堆積環境 東京都立戸山高等学校
電子レンジで加熱される蛇紋岩について 東京都立戸山高等学校
修学旅行を利用した緯度による重力の違いの測定 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
大和川河川敷での常時微動観測と屈折法地震探査 大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎
茨城県立水戸第一高等学校のSPP「那珂台地のなりたちをテーマとして」 茨城県立水戸第一高等学校
東大阪市にある神社建立年から東大阪市の地形の変化を推定する 大阪府立花園高等学校(地学部)
a.太陽電波を捉えろ 茨城県立水戸第二高等学校
b.可変焦点式反射望遠鏡の試作 茨城県立水戸第二高等学校
c.金属鏡の研磨 茨城県立水戸第二高等学校
d.大子町の地質調査 茨城県立水戸第二高等学校
蜃気楼の研究 静岡県立清水東高等学校
炭を核とした環境活動の展開 栃木県立宇都宮工業高等学校
父島と池袋におけるFM放送波異常伝搬を用いたEs層及び流星の観測 巣鴨中学高等学校
アマチュア無線の伝播状況と太陽黒点数の関係 巣鴨中学高等学校
小笠原諸島父島における枕状溶岩の形状の違い 巣鴨中学高等学校
高分散分光観測による太陽の自転速度測定 京都府立洛東高等学校
a.関東地方沿岸に見る海岸地形と構造運動との関係 早稲田大学 高等学院
b.2007年カウアイ島の月食報告 早稲田大学 高等学院
c.ハワイ島におけるオヒアの樹高と溶岩の関係 早稲田大学 高等学院
密度と含水量からみた蛇紋岩の上昇モデル 千葉県立船橋高等学校
高高度発光現象スプライトの観測 香川県立三本松高等学校
黒砂の謎を探る2−大森浜の海岸浸食と砂の堆積ー 遺愛女子高等学校
火山の環境への影響 −川の水質調査から− 長崎県立島原高等学校
謎の湖蟠竜湖の成因を解明する 島根県立益田高等学校
All Rights Reserved, Copyright 2005- Japan Geoscience Union
日本地球惑星科学連合(ロゴを拡大)