地球生命科学セクション

地球生命科学セクション



セクションの紹介

地球生命科学は、地球と生物の相互作用のプロセスとメカニズム、そして生命の起源から現在に至るまでの地球生命変遷史を明らかにする研究領域である。生命の存在が知られる惑星は現在のところ地球だけである。「地球生命科学」は、いかにして地球上の生物が生じ、多様化、複雑化したのか、地球以外で生命は繁栄していないのか?など、生命の起源から、その後の複雑化、多様化、絶滅などを含むあらゆる進化現象の解明をめざす。生物は極限的環境も含め、あらゆる環境に生息し、地球表層における岩石の風化、運搬、堆積、続成等の物質循環プロセスに関与する。これらの様相や機構に関する研究も地球生命科学の守備範囲である。また、地球と生物の相互作用は、人類を取り巻く地球環境の問題に直結する。さらに、過去の生物は、石灰岩等の鉱物資源や、石油、石炭、天然ガスなどやエネルギー資源を地層中に残した。地球生命科学には、それらの成因等に関する研究を通じて、人類社会に直接貢献する側面もある。

キーワード:生命の起源、真核生物の起源、進化、地球史、生命史、機能形態、大量絶滅、地層、化石、生体鉱物、古海洋、分子化石、隕石・彗星に含まれる有機物、極限環境、化学合成、地殻内生物圏、化石燃料、ゲノム、分子系統学



セクションボードメンバー

セクションプレジデント
遠藤 一佳(東京大学)
バイスプレジデント
磯崎 行雄(東京大学)
小林 憲正(横浜国立大学)
幹事
生形 貴男(京都大学)
高野 淑識(海洋研究開発機構)
ボードメンバー
池原 実高知大学
稲垣 史生海洋研究開発機構
井上 麻夕里岡山大学
井龍 康文 東北大学
上野 雄一郎東京工業大学
大河内 直彦海洋研究開発機構
岡崎 裕典九州大学
小俣 珠乃海洋研究開発機構
掛川 武東北大学
金子 雅紀産業技術総合研究所
川口 慎介海洋研究開発機構
川幡 穂高東京大学
北台 紀夫東京工業大学
北村 晃寿静岡大学
癸生川陽子横浜国立大学
小宮 剛東京大学
ロバート ジェンキンズ金沢大学
鈴木 庸平東京大学
高井 研海洋研究開発機構
高橋 嘉夫東京大学
對比地 孝亘東京大学
豊福 高志海洋研究開発機構
中井 咲織立命館宇治中学校・高等学校 東京大学
西 弘嗣東北大学
藤田 和彦琉球大学
守屋和佳早稲田大学
矢島 道子日本大学
山岸 明彦東京薬科大学
ファウンダープレジデント
北里 洋(東京海洋大学)