• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

【2/11】日本学術会議学術フォーラム開催「東日本大震災を教訓とした巨大災害軽減と持続的社会実現への道」

皆様へ
日本学術会議地球惑星科学委員会が企画協力している学術フォーラムが以下の要領で開催されます.学術フォーラムは学術会議が主催する広く一般を対象とし た講演会です.一般にはフォーラムは内外の著名な方の講演が主となることが多いのですが,地球惑星科学分野としての大震災についての情報発信 の不十分さを補うため,あえて地球惑星科学委員会メンバーを中心に企画されております.
みなさまの周囲に宣伝いただき,当日予定のつく方は是非ご出席をお願いいたします.
ご質問などお問い合わせは,氷見山幹事(himiyama.yukio@a.hokkyodai.ac.jp)までお願いたします.       

日本学術会議地球惑星科学委員会
委員長 永原裕子     


日本学術会議 学術フォーラム

 東日本大震災を教訓とした巨大災害軽減と持続的社会実現への道

 1. 主  催           日本学術会議

 2. 共  催           ア ジアの持続可能な土地利用プロジェクト(SLUAS)

 3. 日 時           平成24年2月11日(土) 13時~17時30分

 4. 場 所           日本学術会議講堂 (東京都港区 六本木7-22-34)

 5. 開催趣旨     
東日本大震災への取 組は、応急的措置から中・長期的で抜本的な対策に軸足が移りつつある。震災の教訓を多角的にしっかりと受け止め、巨大災害を軽減し、持続 的社会への歩みを確かなものにするために、英知を結集すべき時である。巨大災害やそれと密接に関連する地球環境問題にながく取り組んでき た地球惑星科学の視点からこの課題に向き合い、わが国と世界がこれから進むべき道を考える。皆様

6. プログラム
総合司 会:佐竹健治(東京大学地震火山情報センター教授、連携会員)

13:00-13:10 開会の挨拶、趣旨説明   
                      氷見山幸夫(北海道教育大学教育学部教授、第3部会員)

13:10-13:35 東北地方太平洋沖の超巨大地震の日本列島へのインパクト
                      平田直(東京大学地震研究所教授、連携会員)

13:35-14:00 巨大災害の軽減と持続的社会の調和に我々はどう取り組むべきか?
                      入倉孝次郎(愛知工業大学客員教授、連携会員)

14:00-14:25 災害予測に関する社会的要求水準と責任
                      鈴木康弘(名古屋大学減災連携研究センター 教授、連携会員)

14:25-14:50 原子力災害と帰還・復旧・復興への社会技術的課題-FUKUSHIMAからの問いかけ
                      山川充夫(福島大学経済経営学類教授、第1部会員)

14:50-15:05 休憩

15:05-15:30 土壌の広域放射能汚染の克服と土地再生への課題
                      渡邊眞紀子(首都大学東京大学院都市環境科学研究科教授、連携会員)

15:30-15:55 東日本大震災を踏まえた安全安心で持続可能な国土利用への課題
                      氷見山幸夫(北海道教育大学教育学部教授、第3部会員)

15:55-16:20 山地災害を克服して山国日本の持続的発展へ
                      千木良雅弘(京都大学防災研究所教授、連携会員)

16:20-16:45 東日本大震災の教訓と地球環境問題への新たな取組み
                      安成 哲三(名古屋大学地球水循環研究センター教授、第3部会員)

16:45-17:25 ディスカッション            
                      司会:春山成子(三重大学共生環境学科教授、連携会員)

17:25-17:30 閉会の挨拶
                      碓井照子(奈良大学文学部地理学科教授、第1部会員)