• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

竹村 俊彦











・受賞理由

全球エアロゾルモデルの構築と気候変動に対するエアロゾルの影響の研究




・主要論文

・Takemura, T., H. Okamoto, Y. Maruyama, A. Numaguti, A. Higurashi, and T. Nakajima, 2000: Global three-dimensional simulation of aerosol optical thickness distribution of various origins. Journal of Geophysical Research, 105, 17853-17873.
・Takemura, T., T. Nakajima, O. Dubovik, B. N. Holben, and S. Kinne, 2002a: Single-scattering albedo and radiative forcing of various aerosol species with a global three-dimensional model. Journal of Climate, 15, 333-352, doi:10.1175/1520-0442(2002)0152.0.CO;2.
・Takemura, T., I. Uno, T. Nakajima, A. Higurashi, and I. Sano, 2002b: Modeling study of long-range transport of Asian dust and anthropogenic aerosols from East Asia. Geophysical Research Letters, 29(24), 2158, doi:10.1029/2002GL016251.
・Takemura, T., T. Nozawa, S. Emori, T. Y. Nakajima, and T. Nakajima, 2005: Simulation of climate response to aerosol direct and indirect effects with aerosol transport-radiation model. Journal of Geophysical Research, 110, D02202, doi:10.1029/2004JD005029.
・Takemura, T., M. Egashira, K. Matsuzawa, H. Ichijo, R. O’ishi, and A. Abe-Ouchi, 2009: A simulation of the global distribution and radiative forcing of soil dust aerosols at the Last Glacial Maximum. Atmospheric Chemistry and Physics, 9, 3061-3073, doi:10.5194/acp-9-3061-2009.



・主な業績

エアロゾルは、汚染物質である他,気候変動にも関わるため、その定量的な評価・予測の鍵となる要素の1つでもある。エアロゾルはその化学組成や表面物性が多様で、その気候モデルへの組み込みは容易ではなかった。竹村氏は早い時期からこの問題に取組み、我が国で開発している全球大気海洋結合モデルMIROCに、エアロゾル関連過程を組み込み、SPRINTARSと呼ばれる全球エアロゾル輸送・気候モデルを開発した。その後モデルを精緻化し、全球雲解像モデルNICAMにも結合し、高分解能の全球解析を可能とした。また、硫酸塩と前駆物質、黒色炭素、土壌ダスト、海塩、硝酸塩のほか、重要な二次有機エアロゾルと前駆気体を取り扱える改良を続けている。これらを通して、エアロゾルの気候変動に対する定量的影響評価および、エアロゾル週間予測システムの開発と運用、氷期・間氷期スケールの気候変動における土壌ダストの役割解明などの古気候研究、福島第一原発事故による放射性物質の長距離輸送解析など重要な応用を行ってきている。



・推薦者

自薦