• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

鈴木 建











・受賞理由

太陽コロナ加熱および太陽風加速の理論モデル構築とシミュレーションによる研究



・主要論文

・"Saturation of Stellar Winds from Young Suns", Suzuki, T. K., Imada, S., Kataoka, R., Kato, Y., Matsumoto, T., Miyahara, H., & Tsuneta, S. Publ. Astron. Soc. Japan, 65, 98 (2013)
・"Disk Winds Driven by Magnetorotational Instability and Dispersal of Protoplanetary Disks", Suzuki, T. K. & Inutsuka, S., Astrophys. J. Lett., 691, L49 - L54 (2009)
・"Solar winds driven by nonlinear low-frequency Alfvén waves from the photosphere: Parametric study for fast/slow winds and disappearance of solar winds", Suzuki, T. K. & Inutsuka, S., J. Geophys. Res., A06101 (2006)
・"Forecasting Solar Wind Speeds", Suzuki, T. K., Astrophys. J., 640, L75-L78 (2006)
・"Making the Corona and the Fast Solar Wind: A Self-consistent Simulation for the Low-Frequency Alfvén Waves from the Photosphere to 0.3 AU", Suzuki, T. K. & Inutsuka, S., Astrophys. J., 632, L49-L52 (2005)



・主な業績

鈴木氏は長年メカニズムが判らなかった太陽コロナ加熱・太陽風加速を説明する理論モデルを提唱し、コロナ加熱・太陽風加速が、表面対流層による磁束管足下の擾乱の自然の帰結であることを磁気流体力学シミュレーションで示した。そこでは、太陽表面における対流運動を起源として発生したアルフヴェン波の非線形散逸を取り扱っているが、そのために十数桁におよぶ密度勾配を持つ系における波動伝搬を解くことができる高精度衝撃波捕獲磁気流体数値計算コードを独創的に開発した。これにより磁気流体波動の伝搬・反射・減衰・加熱を首尾一貫した方法で扱うことが初めて可能となった。現在の太陽コロナ・太陽風に対する結果を原始星段階の太陽風や降着円盤風にも拡張しているが、これらの結果は太陽系進化の解明にも寄与しうるなど波及効果も大きい。



・推薦者

自薦