• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

杉村 新 先生

 









・受賞理由

地質学,特に日本列島のネオテクトニクス,島弧論などの分野における顕著な功績により



・経歴

1947年 東京大学理学部地質学科卒業
1947年 東京大学理学部助手
1961年 理学博士(東京大学)
1974年 神戸大学理学部教授
1987年 神戸大学退職 現在に至る



・主要論文

Sugimura,A. Matsuda,T.Chinzei,K.Nakamura,K.(1963) Quantitative distribution of late Cenozoic volcanic materials in Japan. Bulletin volcanologique, 26,125-140
Sugimura, A., Matsuda, T. (1965) Atera fault and its displacement vectors. Bulletin of the Geological Society of America, 76(5), 509-522.
Sugimura, A., Uyeda, S. (1967) A possible anisotropy of the upper mantle accounting for deep earthquake faulting. Tectonophysics, 5(1), 25-33.
Sugimura, A. (1968) Spatial relations of basaltic magmas in island arcs. In: Hess, H.H. and Poldervaart, A. (eds.) Basalts: the Poldervaart treatise on rocks of basaltic composition. Wiley-Interscience, New York, Vol. 2, pp. 537-571.
Sugimura, A. (1974) Comparison of recent crustal movements with Quaternary movements in Japan and its plate-tectonic implication. Tectonophysics, 23(4), 435-436.



・主な業績

杉村新氏の研究上の貢献は地球物理学、地震学、地質学、第四紀学、火山学など幅広い分野にわたる。杉村氏はこれまでに共著を含めて234編の学術論文、21編の著書を出版し、地学教育や科学史などに関する106編の文章を公表してきた。2003年には国際第四紀研究連合の名誉会員に推挙され、2009年には日本活断層学会賞を受賞した。「地質図の書き方と読み方」、「弧状列島」、「大地の動きをさぐる」、「Island Arcs: Japan and its environs」、「グローバルテクトニクス:地球変動学」など氏が執筆された教科書は広く読まれている。杉村新氏は日本の地球科学を長く先導し、特に新生代の構造運動の解明に貢献するとともに、プレートテクトニクス理論の重要性を早くから理解し、日本列島の新生代の地震・火山活動と構造運動をプレートの動きと関連づけて研究した。そして、その成果を多くの教科書や解説論文として発表し、国内・国外の学生や若手研究者に大きな教育効果を与えた。



・推薦者

石渡明