• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

西田 篤弘 先生







 


・受賞理由

宇宙空間物理学,特に地球磁気圏の構造とダイナミックスについて顕著な貢献をした功績により



・経歴

1962-1964年 シカゴ大学 研究員(地球物理学部)
1964-1967年 東京大学 理学部 助手
1967-1981年 東京大学 宇宙航空研究所 助教授
1981-1995年 宇宙科学研究所 教授
1981-1995年 東京大学教授(併任)
1996-2000年 宇宙科学研究所 所長
2000-2002年 日本学術振興会 監事
2000年    宇宙科学研究所 名誉教授
2000-2005年 日本学術会議 会員
2004-2008年 総合研究大学院大学 理事
2008年-現在 日本学士院 会員



・主要論文

Nishida, A., Geomagnetic Diagnosis of the Magnetosphere, Springer Verlag, 1978. (translated in Russian)
Nishida, A., Formation of the plasmapause, or magnetospheric plasma knee, by the combined action of magnetospheric convection and plasma escape from the tail, J. Geophys. Res., 71, 5669, 1966.
Nishida, A., Coherence of geomagnetic DP 2 fluctuations with interplanetary magnetic variations, J. Geophys. Res., 73, 5549, 1968.
Nishida, A., Outward diffusion of energetic particles from the Jovian radiation belt, J. Geophys. Res., 81, 1771, 1976.
Nishida, A., The Earth's dynamic magnetotail, Space Sci. Rev., 91, 507-577, 2000.



・主な業績

西田篤弘氏は、宇宙時代の幕開けの頃から50 年以上にわたって地球惑星科学の研究領域、特に、磁気圏物理学の研究において数多くの先駆的な研究成果を上げると共に多くの後進を育ててこられた。1960-70年代、同氏は磁気圏の構造とプラズマ対流を太陽風との相互作用の視点から捉えるという磁気圏物理学の新しいパラダイム構築に貢献し、DP2の発見、プラズマポーズの形成理論、電離層からのイオン流出機構の研究など、今日に残る寄与をなした。1980-90 年代にはジオテイル衛星計画を企画・実行することによって磁気リコネクションを基軸とする磁気圏尾部の構造とダイナミックスに関する理解を前進させ、特に宇宙空間プラズマのミクロな力学プロセスと巨視的現象との相互作用に関する実証的研究に先鞭をつけられた。これらの業績に対して日本学士院賞(2001年)、国際宇宙空間科学会(COSPAR)からCOSPAR 科学賞(2006年)など、国内外の多くの名誉ある賞を受賞している。



・推薦者

向井利典