イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2018年2月
2/2
地震予測の現状と防災情報を生かすには
場所:しずぎんホールユーフォニア 静岡市葵区追手町1番13号 アゴラ静岡8階
主催:静岡県立大学グローバル地域センター
詳細:会場:しずぎんホールユーフォニア 静岡市葵区追手町1番13号 アゴラ静岡8階(静岡銀行呉服町支店ビル)
主催:静岡県立大学グローバル地域センター
共催:静岡県 静岡大学防災総合センター 東海大学海洋研究所 静岡新聞社・静岡放送(順不同)
詳細:甚大な被害を及ぼした1944 年の東南海地震、1946 年の南海地震から70 年余、東海地震が未だ発生ししておらず、南海トラフ全体での大規模地震に、世間の関心は高まっています。
 このような中、防災の動きとしては、2017年11月より東海地震の警戒宣言発令が凍結され、現在の科学的知見に基づく、南海トラフ地震に関する情報が新たに出されることになりした。この情報をもとに防災対応を再考する必要があります。
 また研究については、深部低周波微動に代表される新しい現象が発見され、またプレート運動のゆらぎ等も計測できる様になり、地震現象の理解が大きく進みました。特に、南海トラフで発生する地震の震源域の広がりや再来周期に多様性があることが判明しました。さらに、大規模地震につながるおそれのある異常な現象がケースごとに整理でき、一部のケースでは、通常より地震の発生の可能性が高まっている等の評価もできるようになりつつあります。
 ただし、こうした科学的知見は、日常生活に馴染まない為、現状のまま情報として受けても対応にばらつきが生じる可能性があります。地震予測の現状をしっかり理解し、防災情報として最大限に生かす検討が必要です。
 そこで、ワークショップ「地震予測の現状と防災情報を生かすには」を開催します。南海トラフ地震に直面する我々が、防災情報に基づく対応の方向性について共有認識を図り、共に防災力強化を目指しましょう。
2/2
東北大学災害復興新生研究機構シンポジウム 震災復興と創造・変革の先導を目指して
場所:有楽町朝日ホール
主催:東北大学
詳細:「震災復興を越えて創造と変革を先導する指定国立大学へ」里美進氏
「震災復興の取組 これまでの歩みとこれから」原信義氏
「世界トップレベルの「災害科学」研究拠点の形成」今村文彦氏
「安全・安心な社会実現のために;福島第一原子力発電所廃炉への貢献」渡邉豊氏
「東北から「未来型医療」を先導する世界有数の複合バイオバンクの構築と展開」山本雅之氏
ミニコンサート 幹miki氏
2/15
千葉大学Future Earthシンポジウム
場所:千葉大学けやき会館
主催:千葉大学
詳細:Future Earth は学界のみならず社会におけるステークホルダーと協働することにより地球的規模での課題解決を目指す「超学際アプローチ」です。千葉大学はフューチャー・アース日本コンソーシアムメンバーとして活動を行っています。本学ではフューチャー・アースタスクフォースを中心に、「食」「健康」「環境」をキーワードにした取り組みを進めてきました。本シンポジウムでは、これまでの千葉大学のフューチャー・アースに関する取り組みや成果を紹介し、これまでの成果や今後の方向性についての議論を行うことを目的とします。
2/18-2/21
第33回 北方圏国際シンポジウム 「オホーツク海と流氷」2018
場所:紋別市文化会館、紋別市博物館
主催:紋別市
詳細:最新の海氷研究から北極航路,北極航路,地球温暖化,環境問題,海洋生物,オホーツク地域の諸問題まで様々な話題が発表されます.
2/18
フォーラム「日本の恐竜時代を探る!」
場所:兵庫県立人と自然の博物館 ホロンピアホール
主催:兵庫県立人と自然の博物館,兵庫県教育委員会,兵庫県立大学
詳細:近年日本各地から発見されている恐竜化石は世界的に貴重なものが多いのです.本フォーラムでは,最前線で調査研究されている方々にお集まりいただき,日本産恐竜化石研究の可能性を探ります.
2/24-2/25
平成29年度 宇宙教育シンポジウム~地域から広げる宇宙教育~の開催について
場所:国民生活センター(神奈川県相模原市中央区弥栄3-1-1)
主催:宇宙教育シンポジウム事務局
詳細:JAXA宇宙教育センターでは2018年2月24日(土)~25日(日)に、宇宙教育のさまざまな魅力や教材、実践例の紹介とワークショップや教材体験を通じた宇宙教育の理解増進とすそ野拡大を目的に、平成29年度宇宙教育シンポジウムを開催いたします。
本年度のテーマは「地域から広げる宇宙教育」です。
地域に根差した宇宙教育活動を展開している日本宇宙少年団(YAC)や子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)による事業紹介を含め、地域の特色を活かした宇宙教育を考えるワークショップなど、テーマに即したプログラムも実施します。
全国の宇宙教育連携拠点からも多くの関係者が参加予定で、参加者のみなさまの幅広い交流も期待しております。
宇宙教育に関心のある方や普段から宇宙教育活動を行っている方など、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
2/26-2/28
PERC Int'l symposium on Dust & Parent bodies (IDP2018)
場所:Chiba Institute of Technology, Chiba, Japan
主催:Planetary Exploration Research Center (PERC)
詳細:The objective of the symposium is to share state-of-the-art research on dust delivered to Earth and its parent bodies in a multidisciplinary approach of planetary science and astronomy in light of DESTINY+ mission.