イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2016年8月
8/1
北海道大学大学院国際食資源学院(仮称)に関する説明会について
場所:北海道大学東京オフィス 大会議室 (東京都千代田区丸の内1丁目7-12 サピアタワー10階)
主催:北海道大学大学院国際食資源学院設置準備委員会
詳細:北海道大学大学院国際食資源学院(仮称)に関する説明会について

北海道大学では,平成29年4月に,地球規模で拡大する食資源問題の解決を目指し,専門家として世界を俯瞰的に見つつリーダーシップを発揮出来る国際的人材を育てることを目的とした「大学院国際食資源学院(仮称)」の設置を予定しております。
食・水・土資源に関わる基礎科学分野と,流通・政策・貿易・食文化など広範囲の分野から海外の専門家を招致し,文理融合教育を英語で実施いたします。
以下の予定で修士課程に関する説明会を開催いたしますので,興味のある方はこの機会に是非ご参加ください。大学院国際食資源学院(仮称)についての詳細や,追加の説明会の予定などについてはホームページ,Facebookにてご確認ください。

〈東京オフィス〉
開催場所 北海道大学東京オフィス 大会議室
〒100-0005 
東京都千代田区丸の内1丁目7-12 サピアタワー10階
日時  8月1日(月) 14時30分から

【本件に関する問い合わせ先】
北海道大学大学院国際食資源学院設置準備委員会
(北海道大学農学事務部庶務担当)
TEL: 011-706-2506
Email: shomu<at>gfr.hokudai.ac.jp
※Email で問い合わせを行う場合は<at>を@に置き換えてください。
ホームページ: http://www.gfr.hokudai.ac.jp
Facebook: @GFR.HU

※文部科学省に設置計画書提出中。記載内容は予定であり,変更する場合があります。
8/3
海への招待状 for Girls
場所:国立研究開発法人海洋研究開発機構 横須賀本部
主催:海洋研究開発機構
詳細:65人先着順
募集期間:2016年7月1日(金)~8月2日(火)(定員に達し次第終了)
・研究者になるまでの道のり
 ~女性研究者による講演会~
・どんな職場かな? JAMSTEC施設見学
・カフェde進路相談
8/4-9/5
日本の石(国石)の選定、パブリックコメント募集
場所:日本鉱物科学会
主催:日本鉱物科学会
詳細:<日本の石(国石)の選定、パブリックコメント募集>
日本鉱物科学会では、一般社団法人化記念事業の一環として、日本の石(国石)の選定を行います。一般の方々から広くコメントを募集しています。詳しくはこちらをご覧ください⇒ http://jams.la.coocan.jp/ishi.pdf
コメントはこちらへ⇒ jams_opinion@mbr.nifty.com
8/5-8/16
夏休み!JAMSTEC個人見学ツアー
場所:JAMSTEC 横須賀本部
主催:国立研究開発法人海洋研究開発機構
詳細:第1回 2016年8月5日(金) 14:30~16:00
第2回 2016年8月12日(金) 14:30~16:00
第3回 2016年8月16日(火) 14:30~16:00

施設内を巡り、海洋の研究に使われる機材や研究施設の見学・実験などを行います。
各回30名まで。
※申し込み多数の場合は抽選を行い、当落のご連絡をいたします。 当選された方には、当日のスケジュールなどを開催日の1週間前までに郵送でお送りします。
8/6-8/8
女子中高生夏の学校2016~科学・技術・人との出会い~
場所:国立女性教育会館
主催:独立行政法人国立女性教育会館(NWEC)
詳細:科学・技術の分野に興味・関心のある女子
(中学校3年生、高校1~3年生、高等専門学校1~3年生) … 100名
 ※文系、理系は問いません。どちらの道に進もうか迷っている人もぜひご参加ください。
保護者・教員 … 50名
 ※保護者の方は上記女子中高生と一緒に参加する場合のみ申込できます。
 ※教員の方は生徒の引率がない場合でも申込ができます。
8/6
《特別講演会》天然の星空から人工流れ星まで、見たことのない夜空を楽しみたい!~楽しみ方から、宇宙に関わる仕事まで~
場所:鳥取県立博物館 講堂
主催:鳥取県立博物館
詳細:岡島 礼奈 (株式会社ALE 代表取締役社長、鳥取出身)ほか
8/11
宇宙学校・とっとり
場所:鳥取県立博物館 講堂
主催:宇宙への挑戦実行委員会 JAXA宇宙科学研究所
詳細:JAXA 宇宙科学研究所では、子供たちに宇宙科学に対する理解を深めてもらうことを目的として、毎年各地で「宇宙学校」を行っています。

今回は鳥取市にて開催します。私たちをとりかこんでいる宇宙について、そして小惑星探査機「はやぶさ2」の最新情報についてお話しします。Q&Aの時間もたっぷりとっています。
8/24-8/25
地球環境GIS講習会2016
場所:総合地球環境学研究所セミナー室
主催:総合地球環境学研究所研究基盤国際センター
詳細:地球環境問題を解決するために、研究者だけでなく、自治体やNPOといった社会のさまざまな関係者が研究に関与し、研究者と課題を共有して研究を共創するアプローチがとられるようになりました。このような社会協働型の研究において、地理情報システム(GIS)は、さまざまな空間情報を可視化し統合するプラットフォームとしての活用が期待されます。そこでこの講習会では、Googleの新しいオンライン環境監視プラットフォーム Google Earth Engine( https://earthengine.google.com )を用いたグループワークを通して、地球環境にかかわる課題を可視化し共有する方法を学びます。

講師:近藤康久(総合地球環境学研究所)ほか

対象:地球環境の研究にたずさわるかもしくは関心のある研究者、研究支援者、関与者(自治体職員、NPO職員等)、大学院生、大学生

使用言語:日本語
*Google Earth Engineの操作画面は英語です。また、一部の操作にJavaScriptを用います(習熟している必要はありません)。

プログラム:
8月24日(水)
10:00 1. セットアップ
・GISとリモートセンシングの基礎知識を学ぶとともに、Google Earth Engine のアカウントを作成するなどの受講準備を行います。初心者対象(希望者のみ)。
講師:近藤康久(総合地球環境学研究所)・松岡朝美(Google Earth Engine)

13:30 2. ハンズオン
・Google Earth Engine の基礎を学びます。
講師:近藤康久(総合地球環境学研究所)
チューター:熊澤輝⼀(総合地球環境学研究所)・松岡朝美(Google Earth Engine)

16:30 グループワークの説明
17:00 所内見学ツアー(希望者のみ)

8月25日(木)
10:00 3. グループワーク
ファシリテーター:近藤康久(総合地球環境学研究所)
・2~3人1組で、地球環境にかかわる研究課題を設定し、Google Earth Engine を用いて可視化します。

14:00 4. ラップアップ
・グループワークの成果発表と、全体の振り返りおよびまとめを行います。

15:00 懇談会(於・地球研ダイニング)

15:30頃 解散予定

*プログラムは予告なく変更される場合があります。

定員:約12名
*申込者多数の場合には、書類選考により受講者を決定します。選考にあたっては、8月24日(水)午後「2. ハンズオン」と8月25日(木)「3. グループワーク」の両方に参加する方の受講を優先します。

受講料:無料(交通費・宿泊費・食費は自己負担とします。)

持ち物:インターネットに無線または有線で接続可能なノートPC

受講申込:受講を希望する方は、イベント公式サイトから受講申込書をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記宛先まで電子メールで送付してください。

申込書送付先:総合地球環境学研究所 研究基盤国際センター 情報基盤部門 GIS講習会担当 gis-admin@chikyu.ac.jp

申込期限:2016年7月25日(月)17:00(必着)

関連行事:同位体環境学講習会2016(詳細は地球研ホームページにてご確認ください)
8/27
特別公開2016~ブラックホールを探す旅に出かけよう~
場所:国立天文台 野辺山宇宙電波観測所
主催:国立天文台
詳細:★特別講演会1★
「重力波天体を追って」講師:田中 雅臣(たなか まさおみ)
★特別講演会2★
「銀河の中心に潜むもの」講師:岡 朋治(おか ともはる)
8/27-8/28
第1回防災推進国民大会
場所:東京大学 本郷キャンパス(予定)
主催:第1回防災推進国民大会実行委員会 (内閣府、防災推進協議会、防災推進国民会議)
詳細:防災に関する講演、実演、体験、展示等で構成し、下記のテーマに関して重点的に展開を図る。
(1)発生が懸念される南海トラフ地震、首都圏直下型地震、大規模水害等の大規模災害に備え、調査・研究の発表、
   防災に関する取り組みの紹介。
(2)地震災害、風水害等の主な災害の歴史、被害、教訓を総合的に紹介。
(3)安心・安全なまちづくりや地域における自主防災組織、ボランティア団体等の取り組みや調査・研究の発表。
(4)国民の防災意識の向上等に資する体験型展示