イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2018年12月
10/13-12/18
科学的特性マップに関する対話型全国説明会
場所:七尾市,米子市,浜田市,八代市,釜石市,岐阜市,熊本市,綾部市,豊岡市,下関市,四万十市,能代市,京丹後市,豊橋市,浜松市,平塚市
主催:経済産業省資源エネルギー庁、原子力発電環境整備機構(NUMO)
詳細:内容:国が公表した「科学的特性マップ」を契機に,地層処分について理解
を深めていただけるよう,全国的な対話活動を実施しています.
11/30-12/1
高知大学海洋コア総合研究センター設立15周年記念公開シンポジウム 「地球を掘ってわかること〜古地震、気候変動、地球の姿〜」
場所:オーテピア ホール(高知市)
主催:高知大学海洋コア総合研究センター
詳細:2003年に設立された高知大学海洋コア総合研究センターは今年で15周年を迎えました。地球掘削科学を主軸とした共同利用、共同研究の国内拠点としてのこれまでの活動を振り返り、コミュニティに果たしてきた役割、主要な研究成果、アウトリーチ活動などについて総括するシンポジウムを開催します。研究成果を一般に公開する機会としても位置づけています。

○招待講演者
池原 研(産業技術総合研究所・首席研究員)
井龍康文(東北大学大学院理学研究科・教授)
木村 学(東京海洋大学・特任教授)
清川昌一(九州大学大学院理学研究院・准教授)
後藤和久(東北大学災害科学国際研究所・准教授)
平 朝彦(海洋研究開発機構・理事長)
多田隆治(東京大学大学院理学系研究科・教授)
兵頭政幸(神戸大学内海域環境教育研究センター・教授)
巽 好幸(神戸大学海洋底探査センター・教授)
野牧秀隆(海洋研究開発機構・主任研究員)

ポスター発表を募集しております。
******************************************
地球掘削科学共同利用・共同研究拠点(高知大学海洋コア総合研究センター)を活用した研究成果のポスター発表を募集します。分野は問いません。特に若手研究者の発表を歓迎します。若手研究者(大学院生、任期付き研究員など)には旅費の一部支援を行う予定です。

○事前登録(ポスター発表・シンポジウム参加)
ホームページから参加登録ファームをダウンロードし、必要事項を記入した上で、下記のメールアドレス宛に送信してください。
提出先:core-kyodo@kochi-u.ac.jp (海洋コア全国共同利用事務局)

○事前登録締切(ポスター発表・シンポジウム参加)
平成30年11月9日(金) 17:00

○問い合わせ
池原実(高知大学)
12/1
第60回 風に関するシンポジウム
場所:立正大学(品川キャンパス)
主催:日本農業気象学会 JpGU団体会員主催
12/1-12/2
日本地質学会第125年学術大会(2018年つくば特別大会)
場所:産業技術総合研究所 つくば本部(予定)
主催:日本地質学会 JpGU団体会員主催
12/1
第15回 ちかすいネット
場所:日本工営株式会社 九段オフィス 大会議室
主催:日本地下水学会 JpGU団体会員主催
12/1
12/3-12/5
第25回風工学シンポジウム
場所:東京工業大学大岡山キャンパス 東工大レクチャーシアター
主催:日本風工学会・日本建築学会・日本鋼構造協会・土木学会・日本気象学会
12/4-12/7
第9回極域科学シンポジウム
場所:国立極地研究所(東京都立川市)
主催:情報・システム研究機構 国立極地研究所
12/6
関連機関TOPICS 産業技術総合研究所 第29回GSJシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会「粘土・粘土鉱物 -枯渇の危機にある貴重な国内資源-」
場所:秋葉原ダイビル・コンベンションホール
主催:国立研究開発法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター
12/11-12/12
少人数で学ぶ地形判読研修~室内作業から現地実習まで
場所:室内作業は産総研、現地実習は土浦市やつくば市周辺
主催:産総研コーソーシアム41「地質人材育成コンソーシアム」
12/15
第3回気象サイエンスカフェ in 那覇
場所:Cafe Vento
主催:(公社)日本気象学会 JpGU団体会員主催
12/16
第16回GSJジオ・サロン開催の案内
場所:Connecting The Dots 代々木地下大会議室
主催:産業技術総合研究所地質調査総合センター
12/17-12/18
第21回日本AMSシンポジウム
場所:日本大学文理学部
主催:永井尚生
詳細:場所:日本大学文理学部
主催:日本大学文理学部・日本AMS研究協会

講演募集テーマ:1)AMS施設報告
2)AMS技術開発
3)AMS応用研究
講演申込締切:平成30年11月9日
12/19-12/21
国際シンポジウムMISASA VII 「サンプルリターンとアストロバイオロジー」
場所:米子コンベンションセンター BiG SHiP (鳥取県米子市末広町294)
主催:岡山大学惑星物質研究所 (共催 宇宙科学研究所・JAXA)
詳細:探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に到着し、引き続き表面探査、試料採取を行うのに合わせて、岡山大学惑星物質研究所ならびに宇宙航空研究開発機構・宇宙科学研究所は、国際シンポジウム「サンプルリターンミッションとアストロバイオロジー」を、開催することといたしました。本シンポジウムでは、「はやぶさ2」プロジェクトのプロジェクトマネージャ、プロジェクトサイエンティストらによる、小惑星「りゅうぐう」に関する最新の探査結果の報告、そして今後20年にわたる探査計画に関連する国内外の関連研究者らとともに、将来の太陽系天体探査そしてサンプルリターン計画を踏まえたアストロバイオロジーと太陽系物質科学研究の展開について深い学術的討論を行う予定です。シンポジウム後には、一般の方々を対象としたアウトリーチ「スペースサイエンスワールド in とっとり3」も開催いたします。皆様のご参加を歓迎いたします。
12/25-12/26
かたちシューレ2018 in 琵琶湖
場所:琵琶湖マリオットホテル
主催:形の科学会 JpGU団体会員主催