イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2019年2月
2/7
平成30年度ワンデーセミナー「スパースモデリングと物理探査」
場所:一般財団法人 全水道会館 4F大会議室
主催:公益社団法人 物理探査学会 JpGU団体会員主催
2/8
情報・システム研究機構シンポジウム2018
場所:東京大学 伊藤謝恩ホール 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学 伊藤国際学術研究センター内
主催:情報・システム研究機構
詳細:「SDGsに向けた新しい取り組み~データサイエンスによる日本からの貢献~」
─────────────────────────────────────
近年は国内において自然災害が多く、また地球レベルでも異常気象の報告が続いています。そのような環境の中で、一人一人が輝きながら社会を持続的に発展させていくには、英知を集めエビデンスにもとづき意志決定していくことが鍵となります。この難問に、本機構もデータサイエンスの推進をとおして取り組んでいます。本年度の機構シンポジウム「情報とシステム2018」は、こうした取り組みを広く一般の皆さまに共有することを目的として開催いたします。

本シンポジウムでは、データサイエンスの最先端研究に取り組む本機構研究者に加え、本機構との分野融合研究が進む国文学研究資料館のロバート・キャンベル館長にもご講演いただきます。高校生、大学生を始め、産官学関係者ならびに、広く一般の皆さまにご来場いただく予定です。
2/9
火山災害対策研究フォーラム—東京の火山災害に備える—
場所:首都大学東京南大沢キャンパス講堂小ホール
主催:首都大学東京火山災害研究センター
詳細:火山を有する地方自治体に設置された公立大学のうち、火山とその防災に関する総合的研究を進める唯一の総合研究センターが、専門的な立場から最新の知見を、都民・自治体に広く還元します。将来確実に噴火し災害を引きおこす火山に対し、噴火の事前・事後における最適な状態を模索し、住民や地方自治体といった地域社会に対して提案します。

時  期:2019年2月9日(土)
時  間:13:00〜16:00(受付開始:12:30)
主  催:首都大学東京火山災害研究センター
後  援:日本火山学会、日本第四紀学会、日本地理学会
開催場所:首都大学東京南大沢キャンパス講堂小ホール(京王相模原線南大沢駅徒歩5分)
事前申込・参加費不要:どなたでも自由に参加できます.
2/11
第58回神奈川地学ハイキング 国立科学博物館企画展「砂丘に眠る弥生人」の見学
場所:国立科学博物館上野本館
主催:神奈川野尻湖友の会、地学団体研究会神奈川支部
2/12-2/14
PERC International Symposium on Dust & Parent bodies (IDP2019)
場所:Chiba Institute of Technology, Tokyo Skytree Town Campus, Japan
主催:Planetary Exploration Research Center (PERC), Chiba Institute of Technology, Japan
詳細:OBJECTIVE:
To share state-of-the-art research on dust delivered to Earth and its parent bodies in a multidisciplinary approach of planetary science and astronomy in light of the DESTINY+ mission
SPECIAL TOPICS:
✦Solar heating
✦Observation campaign of Phaethon and 2005 UD
2/13-3/14
科学的特性マップに関する対話型全国説明会(開催中)
場所:埼玉,香川,和歌山,山形ほか
主催:経済産業省資源エネルギー庁,NUMO
詳細:内容:地層処分の説明,少人数テーブルでのグループ質疑
2/15
第12回 海事防災研究会
場所:神戸大学 深江キャンパス(http://www.maritime.kobe-u.ac.jp/map/)4号館4301教室
主催:神戸大学大学院海事科学研究科 林美鶴、橋本博公
詳細:1250- 開会挨拶・趣旨説明 林美鶴(神戸大)
1300- 「津波災害調査・解析報告 ー近年の事例からー」
      越村俊一(東北大学 災害科学国際研究所)
1330- 「海洋レーダによる津波観測技術」
      藤井智史(琉球大学 工学部) 
1400- 「津波を再現する水槽試験法の開発と津波来襲時の船舶港外避難の検討」
      橋本博公(神戸大学 海洋底探査センター/大学院海事科学研究科)
1430- 「調査研究船の災害時の行動について(仮)」
      渡邊佳孝(海洋研究開発機構 海洋工学センター/神戸大学大学院 海事科学研究科)
1500- 休憩
1515- 「関西広域連合の南海トラフ地震対策」
      高見隆(関西広域連合 広域防災局)
1545- 「船舶を活用した海上移動型放射線モニタリングシステムの開発」
      金崎真聡(神戸大学大学院 海事科学研究科)
    「災害時の深江丸透析利用(仮)」
      矢野吉治・林美鶴(神戸大学大学院 海事科学研究科)
1615- 「平成30年豪雨による海洋における被災状況について」
      中田聡史(国立環境研究所)
1645- 「台風21号による深江の高潮(仮)」
      林 美鶴(神戸大学 内海域環境教育研究センター/大学院海事科学研究科)
1715- 閉会挨拶 橋本博公(神戸大学)
2/15
平成 30 年度第 4 回炭酸塩岩分科会・講演会
場所:三井石油開発 10階 プレゼンA
主催:石油技術協会 JpGU団体会員主催
2/16
第17回GSJジオ・サロン
場所:ヤフー株式会社 オープンコラボレーションスペース「LODGE」
主催:産業技術総合研究所 地質調査総合センター
2/17-2/22
第34回北方圏国際シンポジウム「オホーツク海と流氷」
場所:紋別市民会館・紋別市文化会館・紋別市立博物館
主催:紋別市
2/19-2/20
平成30年度京都大学防災研究所研究発表講演会
場所:京都大学 宇治キャンパス
主催:京都大学防災研究所
2/28
「第3回気象ビジネスフォーラム ~気象データが拓く未来のビジネス~」
場所:一橋講堂
主催:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC、事務局:気象庁) JpGU団体会員主催