三好 由純( Yoshizumi Miyoshi)








・受賞理由/Commendation


衛星観測データに基づく放射線帯電子フラックス変動の研究


Study on flux variation of radiation belt electrons based on spacecraft observation





・主な業績 Major achievements (in Japanese)

三好氏は人工衛星のデータ解析と数値シミュレーションの組み合わせに基づく包括的な研究を進め、プラズマ波動による非断熱加速過程が放射線帯外帯の相対論的電子加速に有効に働いていることを明らかにした。この研究から「エネルギー階層間結合」という概念を打ち出したが、この考え方は内部磁気圏や放射線帯の変動現象を理解する際のキーとなるコンセプトとなっている。第23太陽活動周期の-100 nT以下のすべての磁気嵐をCME(コロナ質量放出)起源、CIR(共回転相互作用領域)起源に分類しながら、磁気嵐時の放射線帯外帯の応答を調べ、静止軌道等に近い外帯のフラックス増加に有効に働くのはCIR起源の磁気嵐であり、CME起源の磁気嵐はスロット領域の増加に効果的であることを初めて明らかにした。また、プラズマ波動粒子相互作用の観測的・理論的研究から、プロトン・オーロラ現象に関わるプラズマ波動と高エネルギー粒子の降込みモデルについて観測的な検証を行った。三好氏は、これら新しい発想による優れた研究成果を多くの学術論文として発表しており、きわめて高い国際的評価を受けている。



・推薦者/Nominator


森岡 昭 (Akira Morioka)

公益社団法人日本地球惑星科学連合
所在地:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階
All Rights Reserved, Copyright 2005-2017 Japan Geoscience Union