MENU
VISITOR GUIDE
コンビーナの方へ
 

2022年大会からの変更点について

・今大会は,JpGUで初めての現地・オンラインのどちらからもご参加いただけるハイブリッド開催となります.
・コロナの状況によっては現地開催を実施せず,完全オンライン形式に移行する可能性があります.現地開催の判断は大会運営のアナウンスに注目してください.
・採択されたセッションには,過去3年の開催実績の中でコンビーナが選択した大会年度の実績を元に口頭発表の開催コマ数を仮配分します.
・コンビーナは代表コンビーナ1名、共同コンビーナ1名の合わせて2名以上が必要です。
・パブリックセッションは,招待講演のみの開催となります.詳細はパブリックセッションガイドラインをご覧ください.
 

セッション提案

セッション提案期間 2021年10月1日(金)14:00~11月2日(火)17:00 
提案の流れ

1. コンビーナガイドラインをご確認ください.

2. 提案情報をご準備ください.

3. 提案者の会員情報をご確認ください.
※ご所属,メールアドレス等の変更がある場合は,セッション提案の前に会員サイトから修正を行ってください.

4. コンビーナとして登録される方がJpGU IDをお持ちであることをご確認ください.

5. セッション提案専用サイトより,JpGU IDでログインし,提案情報を登録してください.

※コンビーナとして登録するためにはJpGU IDが必要です.
AGU会員の方はAGUサイトからJpGU IDを取得することもできます.その際,JpGUの年会費は発生しません.
※AGUサイトから取得したJpGU ID(50から始まる6桁のID)は,参加費の会員割引はありますが正会員資格ではありません.
※AGU会員の方がJpGUの正会員資格の取得を希望する場合には,AGUサイト経由ではなく,上のJpGU IDの新規取得ボタンからご登録ください.

セッション提案のためにIDを新規で取得する方へ

・セッション提案をするためには,JpGUのID(正会員,大会参加ID,AGU ID)が必要です.
・正会員と大会参加IDとでは,参加費が大きく異なります.
※大会参加登録料は,幕張メッセ国際会議場等を借りたハイブリッド開催ということで,現地参加・オンライン参加の区別なく,現地開催であった2019年大会の全日参加早期登録と同額程度に戻すことを予定しております.一般会員と非会員の差額は1万円以上となる予定です.
※一度セッション提案や投稿に使用したIDの種類を変更することはできません.また,一人の方が複数のIDを作成することもできません. 万が一IDの種類の変更を希望される場合には,セッション提案・投稿を行う前に事務局までご相談ください.
・2021年10月1日の時点で取得可能なJpGUの正会員IDは2021年度会員資格です.
2022年5月の大会に参加するためには,2022年1月以降,2022年大会資格へ更新する必要があります.
そのため,セッション提案のために新規で正会員のIDを取得し,5月の大会に参加するためには,2021年度と2022年度の2年分の年会費が必要です.

セッションを提案する

 

投稿

投稿受付期間 2022年1月12日(水)14:00~2月17日(木)17:00 (早期投稿締切 2月3日(木)23:59)
投稿期間中のコンビーナの作業

・ ご自身のセッションへの投稿状況は,投稿者とタイトルのみ確認できます.
(予稿本文は2月17日17:00以降に確認できます)

・ 招待講演者への投稿依頼と投稿確認はコンビーナが行ってください.JpGUからは連絡しません.
招待講演者であっても,投稿期間内にご自身のIDで投稿し,投稿料の決済まで済ませる必要があります.

・コンビーナの投稿を口頭採択し,その時間をパネルディスカッションやフラッシュトークに使用していただくことも可能です.

特別な発表枠

セッション編成時に,下記2種類の枠を無料で用意しているので必要に応じて挿入してください.
イントロダクション 15分以下 15分から延長することや,1コマに2枠以上入れることはできません.
プログラムへの表示は一律で「イントロダクション」となります.
ディスカッション 15分以下 15分から延長することや,1コマに2枠以上入れることはできません.
プログラムへの表示は一律で「ディスカッション」となります.
 

セッション編成

セッション編成期間  2022年2月23日(水)~3月14日(月)17:00 (投稿採択と移動は3/2まで)
セッション編成の流れ

1. 投稿の採択を行ってください.

2. 他セッションへ移動させる必要がある投稿を申請してください.
(移動先セッションが受入を了承しない場合には,元のセッションでの発表となります.)

3. 招待講演者を確定し,フラグを立ててください.

4. 採択した投稿を口頭発表とポスター発表に割振り,発表順を決めてください.
投稿者がポスターを希望している場合には,投稿者本人の事前の承諾無しに口頭発表を依頼することはできません.
口頭またはポスターを希望している発表の採択権はコンビーナにあります.

5. 開催される口頭発表コマ毎に座長を1名以上登録してください.
座長として登録するためには,JpGUのIDが必要になります.
座長として登録する前に,必ずコンビーナから座長候補者の方へ確認をとってください.JpGUからは依頼いたしません.

講演時間外のディスカッション

希望する方は,上記の口頭講演時間内のディスカッションの他に, 講演時間外にもディスカッションを行える機会をご用意します.
今年は会場の関係で実施しないこととなりました.

 

各種規定・ガイドライン

大会運営委員会では下記の規定を制定しています.
プログラム編成に関する非常に重要な内容が含まれておりますので, コンビーナの皆様は必ずご確認いただきますようお願い致します.
 

セッションの言語

大会の公用語は英語と日本語です.
セッションの方針に合わせてコンビーナが次の2種類の中から, 使用言語に合わせてセッション言語区分を選択します.
セッション言語区分 スライド・ポスター作成言語 口頭発表言語
E 英語 英語
J 英語または日本語 英語または日本語
※Jセッションの口頭発表言語は発表者が選択します.
 

招待講演と招聘旅費

各セッションは,口頭1コマの開催につき,自由枠(口頭またはポスター)2名,ポスター枠1名の招待講演者を設定することができます.
※ユニオンセッション,パブリックセッション,Eセッションについては例外のため,ガイドラインで確認してください.

招待講演に関する詳細は,招待講演者ガイドラインを必ずご確認ください.

招待講演者は,セッション公開からセッション編成終了までは「招待講演予定者」として,決まり次第ご連絡いただければご紹介します.
最終的な「招待講演者」はコンビーナによるセッション編成結果を元に,プログラム公開に公開されます.

なお,JpGUでは,招待講演者を含む,参加者への招聘旅費はご用意しておりません.
 

コンビーナ構成のダイバーシティ推進へのご配慮のお願い

日本地球惑星科学連合は,ダイバーシティ推進に取り組んでおり,日本地球惑星科学連合大会のセッションコンビーナ構成においてダイバーシティ推進を可視化するロゴを2021年度より導入しております.
2022年度も同様にセッション紹介のページに,
・複数の性別(とくに女性)
・複数のキャリアステージ(学位取得後7年までのキャリア初期人材)
・複数の国籍(外国人研究者も含まれているか)
のうち3つが該当するセッションには金色ベース,2つが該当するセッションには銀色ベースのロゴマークを添付する予定です.


コンビーナの選出の際には,可能な限りご考慮いただけますよう,よろしくお願いいたします.
 

学生賞についてのお願い

日本地球惑星科学連合は,学生による優れた研究発表を奨励し,研究発表技術の向上を目指すことを目的として,日本地球惑星科学連合大会において優秀な発表を行った学生を表彰する学生優秀発表賞を設けております.
審査にあたり,各発表につき2〜3名の審査員割当を目標としており,多くの方の審査員協力が必要となります.

つきましては,特に自セッションの分野や発表内容にご理解が深いコンビーナのみなさまに,ぜひ積極的な審査のご協力をお願いしたく,投稿時に審査員協力の意思表示いただいた方に加え,勝手ながらすべてのコンビーナのみ なさまを審査員の候補者として学生賞システムに登録をさせていただく予定です(4月頃).
ぜひ審査へのご協力をよろしくお願いいたします.
 

お問合せと連絡先

大会プログラムに関わる不明点や,セッション運営について相談の必要がある場合は,プログラム委員会までご連絡ください.
※大会全体についてのお問合せはお問合せフォームよりお送りください.
 

コンビーナメーリングリスト

コンビーナへのお知らせは,セッション採択時に登録されていた会員情報のE-Mailアドレスを通して行われます.
内容に変更がある場合は,提案前に会員ログイン画面から会員情報の更新をお願いいたします.
また,採択後に変更が生じた場合には,お問合せフォームから事務局へお知らせください.
 

スケジュール

赤字の作業は,コンビーナの方に対応していただく作業です.
この期間は必ず連絡がとれる状態にしておいてください.
全ての作業は共同コンビーナにも作業権限をお渡しします.
代表コンビーナによる作業が行えない場合には,共同コンビーナが対応してください.
スケジュール コンビーナの役割
2021年
10月1日14:00~11月2日 17:00
セッション提案
セッション提案システム(利用にはJpGU IDが必要)より,開催を希望するセッションの情報を入力してください.
11月4日~11月12日
プログラム委員会によるセッション採択検討
提案内容について確認を行う場合がありますので,連絡がとれる状態にしておいてください.
お返事が無い場合にはプログラム委員会に判断をお任せいただきます
初めて開催するセッションが口頭2コマを希望するかどうかもこの期間に確認します.(お返事が無い場合には1コマご用意します)
11月15日
セッション採択会議
プログラム委員会がセッションの採択案と,仮配分のコマ数を決定し,ユニオンセッションとパブリックセッションの選出を行います.
11月16日
セッション採択通知
採択結果と仮コマ数をお知らせします.
マージ対象の場合には,11月24日のプログラム編成検討開始までに,マージ結果を担当プログラム委員と調整していただきます.
11月17日~23日 23:59
セッション開催希望追加入力
開催不可日や,採択されたセッションリストの中に自セッションとの連続開催希望・同時開催不可のセッションが有る場合は, セッション提案システムから,情報を追加登録してください.
この期間外の申請や,セッション提案システム以外からのご連絡には対応できかねます.

これ以降,セッション提案システムより,招待講演予定者の登録を行うことができます.

招待講演予定者の登録に締切は設けていません.決まり次第適宜ご登録ください.
11月24日~12月6日
セクション毎のプログラム素案検討
セクションプログラム委員が,セクション毎のセッションの並びを検討します.
複合領域セッションは,コンビーナが提案時に指定した母体セクションを参考に,プログラム委員会が5つのセクションに割り振ります.
プログラム委員より問合せがある場合がありますので,できる限り連絡がとれる状態にしておいてください.
12月8日
プログラム編成会議
プログラム委員会にて,条件付き採択の結果の調整と,全体のプログラム(コマ割)を作成します.
12月10日
開催セッション一般公開
採択された開催セッションリストを公開します.
コンビーナへはコマ割もお送りします.(コマ割は一般公開いたしません)
12月14日
コマ割一般公開
コマ割,招待講演予定者を公開します.
(これ以降も,招待講演予定者の登録・公開は決まり次第適宜対応いたします.)
2022年
1月12日~2月17日 17:00
投稿受付
早期締切:2/3 23:59
最終締切:2/17 17:00
自セッションへの投稿の呼びかけをお願いします.
口頭講演時間内をディスカッションに使用する場合にも,この期間に投稿をお済ませください.
セッション編成サイトにログインすることで,投稿期間中は自セッションへの投稿者名と投稿タイトルを確認することができます.
招待講演者の投稿状況もコンビーナが管理してください.

投稿内容の予稿本文は投稿締切後に確認できます.
2月22日 19:00 ~3月2日 17:00
投稿チェック(採択・移動)
自セッションへの投稿の採択・不採択を確定させてください.
よりふさわしい発表先セッションがある場合には,自セッションの投稿を別セッションへ移動させることができます.
また,自セッションに投稿されたリストの中から招待講演を選出してください.
3月4日
コマ数確定
最終的な(セッション移動後の)投稿数によって,開催可能なコマ数をコマ数配分計算表から算出し,確定させます.
3月7日~3月14日 17:00
セッション編成
口頭orポスター発表の割振りと,各発表形態毎の発表順(ポスターの場合は掲示順)を決めてください.
開催される口頭発表コマ毎に,座長を割り当ててください.
3月22日
投稿者への採択通知
事務局より投稿者へ採択通知を送ります.
3月24日
プログラムWEB公開
著者,タイトル,発表日,発表形態,発表会場が公開されます.
5月13日
予稿WEB公開
予稿PDFが公開されます.