JpGUメディアライブラリ/大会関連動画

JpGU-AGU Joint Meeting 2020:Virtual
ユニオンセッション U-12

「地球惑星科学の進むべき道10 ビッグデータとオープンサイエンス」
主催   :日本学術会議地球惑星科学委員会及び日本地球惑星科学連合
日時   :2020年7月15日(水)14:15~17:30 オンライン開催(ライブ
コンビーナ:藤井良一,田近英一,木村学,川幡穂高
趣旨   :科学の急速な発展は膨大かつ多様なデータを生み出している.そのような中で科学的成果のオープンなアクセスに1次データとサンプルまで含むべきとの認識が急速に広がっている.科学の進展のために研究機関,学会等における取得されたデータとサンプルの組織的保存と広範で統合的な利用のシステムの構築が強く求められている.本ユニオンセッションではこれらをめぐるジオサイエンス分野の現状と課題、今後の展望について議論を行う. プログラムはこちら ▼

(再生時間:約3時間)

木村 学
東京海洋大学

喜連川 優
国立情報学研究所/東京大学
「提言『日本におけるオープンサイエンスの深化と推進』に向けて」

村山 泰啓
情報通信研究機構
「AGU、JpGUにおけるオープンサイエンス、研究データ共有の現状」

ストール シェリー
AGU
「AGU、JpGUにおけるオープンサイエンス、研究データ共有の現状」

海老沢 研
宇宙科学研究所
「宇宙科学分野におけるオープンサイエンスとデータ・サンプルマネージメント」

隈 健一
東京大学先端科学技術研究センター
「気象業務との関係を踏まえた大気科学分野におけるオープンデータについて」

神田 穣太
東京海洋大学
「海洋科学分野におけるビッグデータマネジメント」

平田 直
東京大学地震研究所
汐見 勝彦
防災科学技術研究所
加納 靖之
東京大学地震研究所
「地震観測、固体地球物理分野におけるデータのオープンマネージメント」

小口 高
東京大学空間情報センター
「地理空間情報の発展とオープンアクセス化」

斎藤 実篤
海洋研究開発機構
「サンプルアーカイブとオープンデータアクセスシステムの構築をめぐる国際共同計画の例:国際深海科学掘削計画の現状と課題」

小宮 剛
東京大学大学院総合科学研究科
「地球惑星科学サンプルアーカイブとオープンアクセスシステム構築計画」

大谷 栄治
東北大学
「科学ジャーナルのオープンアクセスとオープンデータに関するコメント」

司会:木村 学
東京海洋大学

プログラム
  • 1. 趣旨説明: 木村 学(東京海洋大学)
  • 2. 基調講演: 喜連川 優(国立情報学研究所/東京大学)
    「提言『日本におけるオープンサイエンスの深化と推進』に向けて」
  • 3. 国際動向: 村山 泰啓(情報通信研究機構), ストール シェリー(AGU)
    「AGU、JpGUにおけるオープンサイエンス、研究データ共有の現状」
  • 4. 宇宙惑星科学分野: 海老沢 研(宇宙科学研究所)
    「宇宙科学分野におけるオープンサイエンスとデータ・サンプルマネージメント」
  • 5. 大気科学分野: 隈 健一(東京大学先端科学技術研究センター)
    「気象業務との関係を踏まえた大気科学分野におけるオープンデータについて」
  • 6. 海洋科学分野: 神田 穣太(東京海洋大学)
    「海洋科学分野におけるビッグデータマネジメント」
  • 7. 固体地球物理学分野: 平田 直(東京大学地震研究所), 汐見 勝彦(防災科学技術研究所), 加納 靖之(東京大学地震研究所)
    「地震観測、固体地球物理分野におけるデータのオープンマネージメント」
  • 8. 地球人間圏科学分野: 小口 高(東京大学空間情報センター)
    「地理空間情報の発展とオープンアクセス化」
  • 9. 国際深海掘削計画: 斎藤 実篤(海洋研究開発機構)
    「サンプルアーカイブとオープンデータアクセスシステムの構築をめぐる国際共同計画の例:国際深海科学掘削計画の現状と課題」
  • 10. 地質試料アーカイブ: 小宮 剛(東京大学大学院総合科学研究科)
    「地球惑星科学サンプルアーカイブとオープンアクセスシステム構築計画」
  • 11. ジャーナル問題: 大谷 栄治(東北大学)
    「科学ジャーナルのオープンアクセスとオープンデータに関するコメント」
  • 12. 総合討論: 司会:木村 学(東京海洋大学)
  • 13. チャットを用いた質疑応答及びコメント