メールニュース

====================================================================
┌┐
└■ 日本地球惑星科学連合メールニュース 臨時号 No.108  2011/04/08
====================================================================

≪ 目次 ≫
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.東北地方太平洋沖地震被災に対する義損金募金のお願い(再掲)
┃2.現地調査についてのお願い(2)
┃3.日本学術会議による緊急提言
┃   ・地球惑星科学委員会
┃    ・東日本大震災対策委員会
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

====================================================================
┌┐
└■ 1.東北地方太平洋沖地震被災に対する義損金募金のお願い(再掲)

                 日本地球惑星科学連合会長 木村 学

2011年 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震および津波で甚大な被害に
あわれた方々に,改めて心からお悔やみを申し上げます.(社)日本地球惑星
科学連合では今回の災害の被害がかつてなく甚大であり,この分野の科学の
復興には,コミュニティあげての全面的支援が必要であると認識するに至り
ました.今般の東北関東大震災で被害を受けた方々ならびに関係者に心を寄
せて,日本地球惑星科学連合(JpGU)では下記の要領で義捐金を募ることにし
ました.この義捐金は「JpGUの教育研究活動に関係する被災者に対する支援」
に限定して寄附することを予定しております.皆様にはこの趣旨にご賛同い
ただき,暖かいご支援を賜りますようお願い申し上げます.

                記

1. 義捐金の名称:東北関東大震災JpGU義捐金
2. 実施主体:一般社団法人日本地球惑星科学連合(http://www.jpgu.org/)
3. 義捐金の募集方法
・下記の受付口座への振込みにより受付いたします.
(※恐れ入りますが、送金手数料等は各自ご負担下さい)
   みずほ銀行 本郷支店
   普通預金
   口座番号:2739714
   口座名義:一般社団法人日本地球惑星科学連合

・また,5月22~27日に幕張メッセで開催される連合大会期間中には,現金
 による寄付も受け付ける予定です。

4. 受付期間:平成23年5月27日まで
5. 義捐金の支援対象:地球惑星科学に関係する教職員・学生,および教育
  研究機関等を対象とし,理事会で具体的な支援内容・額を決定します.
  また,寄付者および使途については,支障のない限り公開致します.
6. 問合わせ先:日本地球惑星科学連合事務局
  e-mail: office@jpgu.or.jp

====================================================================
┌┐
└■ 2.現地調査についてのお願い(2)(4月7日版)

         東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループ事務局一同
       日本地球惑星科学連合・環境災害対応委員会委員長 松本 淳

東北地方太平洋沖地震津波合同調査グループの事務局では,現地調査に関す
る調整を行って参りました.これまで被災地への負担を最小限に留めながら
現地調査を行って来られましたのは,まさに皆さまのご理解とご協力のたま
ものです.事務局および連合・環境災害対応委員会より厚くお礼を申し上げ
ます.

被災地の皆さんにとっては苦しい状況が続いておりますが,内陸部での燃料
補給や被災地へのアクセスなどの条件はだいぶ改善されてきています.しか
し,それと同時に,津波の痕跡などの消失も進んでおり,後世に残すべき重
要な情報を早急に記録する必要があります.我々は今回の津波災害の全容を
まだまだ掴みきれておりませんので,今後はさらに現地調査の重要性が高ま
っていくと予想されます.

そこで,東北地方の研究者と相談した結果,事務局での調整は現在準備して
いる調査チームまでとし, 4月11日以降は原則,各自の判断で現地調査を実
施していただきたいと考えております.

ただし,情報共有サイト(http://www.coastal.jp/ttjt/) で公開されている
調査結果などを参照していただき,被災地への負担を最小限にする調査計画
をお考えください.また,現地調査に関する情報(調査メンバーや調査地点,
調査期間,調査結果など)をこのメーリングリスト(2011tohokueq@jpgu.org)
を通じて共有させていただければ幸いです.さらに,各学会において三陸地
域における調査指針等が出されていると思いますので,それらへの準処もお
願いいたします.なお, 4月11日以降でも,ボランティアで調査に参加した
い方につきましては事務局で受け入れチームを探すことも可能ですので,遠
慮無くご連絡下さい.

被災地では行方不明者の捜索も続いておりますし,食料や燃料などの物資も
まだまだ不十分な状況です.したがって,捜索活動の妨げにならないように
気をつけること,食料や水などは持参すること,燃料の補給は内陸部で行う
ことなど,被災地への配慮を引き続きお願いいたします.また,余震も続い
ておりますので,津波警報等の情報に気を配りながら,安全な現地調査の実
施をお願いいたします.

====================================================================
┌┐
└■ 3.日本学術会議による緊急提言

(1) 日本学術会議地球惑星科学委員会企画分科会

日本学術会議地球惑星科学委員会企画分科会は,東日本大震災に関する以下
の声明を公表しました.

・「東日本大震災―我々は今、何をすべきか―」(平成23年3月31日)
http://www.jpgu.org/whatsnew/110331scj.html

(2) 日本学術会議東日本大震災対策委員会

日本学術会議東日本大震災対策委員会は,東日本大震災に関する以下の緊急
提言を公表しました.

・第四次緊急提言「震災廃棄物対策と環境影響防止に関する緊急提言」
 (平成23年4月5日)
http://www.scj.go.jp./ja/info/jishin/pdf/t-110405-2.pdf

・第三次緊急提言「東日本大震災被災者支援・被災地域復興のために」
 (平成23年4月5日)
http://www.scj.go.jp./ja/info/jishin/pdf/t-110405-1.pdf

・第二次緊急提言「福島第一原子力発電所事故後の放射線量調査の必要性に
  ついて」(平成23年4月4日)
http://www.scj.go.jp./ja/info/jishin/pdf/t-110404.pdf

・第一次緊急提言「東日本大震災に対応する第一次緊急提言」
(平成23年3月25日)
http://www.scj.go.jp/ja/info/jishin/pdf/t-110325.pdf

なお,日本学術会議の東日本大震災関連情報は,日本学術会議ホームページ
をご覧ください.
  http://www.scj.go.jp/

——————————————————————–
┌┐
└■  地球惑星科学関係者の皆さまへ

日本地球惑星科学連合メールニュースは,地球惑星科学分野の最新の情報を
集約して提供することを目的として,日本地球惑星科学連合ホームページに
おいて,個人情報(会員)登録をされた方全員に配信しています.まだ個人
情報(会員)登録をされていない周囲の方々に,ぜひ登録を勧めて下さい.
大学・研究機関・企業・教育関係,そのほか地球惑星科学に関心のある方で
したらどなたでも登録することができます.
個人情報(会員)登録はこちらから: http://www.jpgu.org/touroku/index.html

掲載情報の提供を歓迎いたします.学術研究集会・シンポジウム・一般公開
等のイベント情報,公募・求人情報など,随時受け付けています.
★イベント情報受付 :http://atcopier.com/freeform/32232/form.cgi
★公募・求人情報受付:http://atcopier.com/freeform/49923/form.cgi

=====================================================================
編集:一般社団法人日本地球惑星科学連合 広報普及委員会
発行:木村 学 (一般社団法人日本地球惑星科学連合 会長)
一般社団法人日本地球惑星科学連合 (http://www.jpgu.org/)
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階

*本メールニュースは個人情報(会員)登録者に配信しています
*毎月10日に定期発行するほか,必要に応じて随時発行します
*お問い合わせ・ご意見は,連合事務局(office@jpgu.org)へお願いします
=====================================================================

—————————————————————————————-