メールニュース

====================================================================
┌┐
└■ 日本地球惑星科学連合メールニュース 臨時号 No.199 2014/3/25
====================================================================
  【 日本地球惑星科学連合2014年大会 出展者ご案内特別号! 】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.出展者紹介
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本地球惑星科学連合大会では,地球惑星科学に関連するあらゆる情報の発
信をめざし,パシフィコ横浜2階~5階の各フロアにて,関連企業,研究機
関,研究プロジェクト,大学等による展示企画を開催します.今年は 116ブ
ース(85団体)の参加となりました.現在進行中のプロジェクトや研究成果・
新製品などの情報が満載です.
今回,出展者ブース「スタンプラリー」を実施いたします.コース毎に全ス
タンプを集めた方へは,出展者からのプレゼントを用意しています.皆様,
是非ご参加いただき,各ブースでの最新情報と景品を獲得してください.
以下出展団体の一部をご紹介します.★★印は,「スタンプラリー」参加団
体です.出展場所のチェックをお願いします.

※最後に連合からのお知らせがあります.
====================================================================
┌┐
└■ 1.出展者紹介      ★★:スタンプラリー参加団体
====================================================================

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 東洋紡株式会社 http://www.toyobo.co.jp/ 
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-15]
│—————————————————————-
│*屋外での観測・計測における電源不足を燃料電池で解消します!
│1.可搬式で設置も容易な電源.どこでも使えます.
│2.燃料カートリッジ1本で最大6ヶ月間,安定した電力を現地に供給!
│*例えば,太陽電池の不安定さ,蓄電池の交換から開放されます!
│弊社ブースにて展示いたします.ぜひご覧ください.
│—————————————————————-
│【分野】環境・エネルギー                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社近計システム http://www.kinkei.co.jp/ 
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-1]
│—————————————————————-
│近計システムは,地震・火山観測機器のメーカーです.
│展示ブースでは,各製品のカタログをご用意し,皆さまのご来場を心よ
│り お待ちしております.(スタンプラリーにも参加しています.)
│ぜひ,近計システムブースにお立ち寄りください.
│【担当】本橋 恵三 
│—————————————————————-
│【分野】情報・通信                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 東京大学地震研究所 http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/       
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-11]
│—————————————————————-
│今年度は展示ブースが狭くなってしまい,楽しみにして下さった皆様に
│は申しわけございません.ニュースレターPlusの最新号など,グッズを
│ご用意しておりますので,どうぞお立ち寄り下さい.
│【担当】桑原 央治 
│—————————————————————-
│【分野】固体地球科学                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社ジオシス http://www.geosys.co.jp/  
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 8,9]
│—————————————————————-
│資源探査や自然地震観測に用いる物理探査機器の展示.
│坑内用・陸上用・海底用地震計,地震波収録装置等.
│【担当】飯塚 敏夫 
│—————————————————————-
│【分野】環境・エネルギー                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 独立行政法人産業技術総合研究所 地質調査総合センター
│   http://www.gsj.jp/  
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 4,5]
│—————————————————————-
│地質調査総合センター(Geological Survey of Japan) は,「地球を良く
│知り,地球と共生する」をキーコンセプトに,国として行なうべき「地
│質の調査」を通じて-地質情報-さまざまな社会生活に必要不可欠な国
│土の基本情報を整備・提供しています.
│【担当】渡辺 真人
│—————————————————————-
│【分野】地質学・地球物理学                   
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ メイジテクノ株式会社 http://www.meijitechno.co.jp      
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [4F 団体A 26]
│—————————————————————-
│メイジテクノ株式会社は,創業以来39年間,日本国内で顕微鏡を専門に
│製造している日本製顕微鏡の専門メーカーです.品質の高さ・種類の豊
│富さなど海外で名を知られております.
│【担当】古川 昌彦 
│—————————————————————-
│【分野】光学顕微鏡製造・販売                   
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 特定非営利活動法人地球年代学ネットワーク http://jgnet.org    
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [4F 団体B G-1,2,3]
│—————————————————————-
│本法人は,地球惑星科学に携わる多様な才能を必要としています.また,
│技術の開発と継承,人材の発掘と育成,社会的地位の向上などに尽力さ
│れている組織(大学研究室,地方公共団体,独立行政法人,NPO法人,
│民間企業等)での参加も歓迎します.個の力では解決できない不条理に
│相対している皆様のご訪問をお待ちしています.
│【担当】竹下浩征 
│—————————————————————-
│【分野】地質学,年代学,岩石学,地球化学,人類学,質量分析学 
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ ジャスコインタナショナル株式会社 http://www.jascoint.co.jp 
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-19]
│—————————————————————-
│安定同位体比質量分析装置,表面電離型質量分析装置,希ガス質量分析
│装置,レーザー吸収ガス分析装置(同位体アナライザー/濃度アナライ
│ザー),画像解析粒度分布計,卓上走査型電子顕微鏡,卓上NMRなど様
│々な分析装置を扱っております.
│【担当】第二事業部 営業部
│—————————————————————-
│【分野】地球化学,分析全般      
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社加速器分析研究所 http://www.iaa-ams.co.jp       
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-18]
│—————————————————————-
│『加速器分析研究所は,科学データを後世に残します』
│弊社は,加速器を2台保有し,精度の高い科学データを迅速かつ安価で
│提供しております.
│地球科学,地質学,環境科学,考古学などの広い分野でお役立てくださ
│い.(弊社ブースで,ご相談等承ります.)
│【担当】小泉 修 
│—————————————————————-
│【分野】研究・学術       
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 大学間連携プロジェクト
│  「超高層大気長期変動の全球地上ネットワーク観測・研究」
│   http://www.iugonet.org/
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B B-7,8,9,10,11]
│—————————————————————-
│本プロジェクトでは,機関や研究分野の枠を超えて多種多様な全球地上
│ネットワーク観測データの利活用を促進するための研究インフラの構築
│を進めています.本プロジェクトで開発した【メタデータ・データベー
│スの検索システム】と【解析ソフトUDAS】のデモ展示を行います.なお,
│いずれもウェブページより公開・配布を行っています.是非ご活用下さ
│い.
│【担当】小山 幸伸 
│—————————————————————-
│【分野】宇宙惑星科学 
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 東京工業大学地球生命研究所 http://www.elsi.jp/ja  
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 2]
│—————————————————————-
│地球生命研究所(ELSI)は, 平成24年に文部科学省世界トップレベル研
│究拠点プログラム(WPI)に採択された新しい研究所です.地球と生命の
│起源と進化という根源的な謎をテーマに,世界中から研究者が集まり研
│究をすすめています.生命誕生の初期地球に注目し先の謎を解明すると
│ともに,生命惑星としての地球の特殊性と普遍性を理解することで宇宙
│における生命の可能性に迫ります.
│【担当】米原 遊 
│—————————————————————-
│【分野】研究・学術 
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社ニュートリノ http://www.neutrino.co.jp/    
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [2F 書籍 4]
│—————————————————————-
│弊社は理工学系専門学術洋書を長年取り扱っております.大会期間中は,
│複数の海外出版社と協力し,地球科学に関する洋書を多数展示いたします.
│普段,目にする事の少ない地球科学関連洋書を一度にご覧いただける,
│またとない機会です.皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております.
│【担当】松尾 政規 
│—————————————————————-
│【分野】専門洋書販売   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 総合地球環境学研究所
│   http://www.chikyu.ac.jp
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [4F 団体B G-5,6,6’]
│—————————————————————-
│地球研は,「環境問題の根源は,人間文化の問題にある」という哲学に
│基づき,人間と自然の相互作用環を循環・多様性・資源などの切り口か
│ら解明する認識科学と未来可能な人間社会のあり方を提言する設計科学
│を進め,統合知を介して総合地球環境学の構築を目指しています.団体
│展示ブースでは,地球研の取り組みや研究・実験設備等についての概要
│を紹介します.
│【担当】谷口 真人 
│—————————————————————-
│【分野】総合地球環境学                   
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ WILEY http://www.wiley.co.jp  
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [2F 書籍 6,7]
│—————————————————————-
│Island Arc, Resource Geology, Lakes and Reservoirsの各誌やAGU(ア
│メリカ地球物理学連合)の出版物など,Wiley発行のジャーナルと話題
│の新刊書籍を展示します.一般書店には置いていない専門書をじっくり
│手に取って,購入の参考にお役立て下さい.会議センター2階・事前登
│録受付の近くのブースでお待ちしています.
│【担当】月橋 亮 
│—————————————————————-
│【分野】書籍出版,地球惑星科学     
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ NTTドコモ http://docomo-live.jp/sensor/     
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 1]
│—————————————————————-
│ドコモ環境センサーネットワークでは,全国で収集した観測データを提
│供しております.近年増加しているシビア現象など,刻々と変化する状
│況を速く正確に提供することで,防災等日々の生活への活用を目指しま
│す.展示ブースでは,事例解析の紹介もいたします.※ご希望の場所へ
│観測機器の設置も可能です
│【観測要素】気温,湿度,風,降水量,花粉,紫外線,雷,(日射,気
│      圧,積雪深,カメラ,河川水位,土砂移動)
│【担当】宮島 亜希子 
│—————————————————————-
│【分野】気象,環境,観測                   
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 地学団体研究会 http://www.chidanken.jp       
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [2F 書籍 3]
│—————————————————————-
│テーマごとの論文集『地団研専報』,専門テーマごとの調査法・研究法
│などをまとめた『地学双書』,やさしい調査や室内作業の手引き書『地
│学ハンドブック』,研究の進め方,地学をとりまく情勢など科学理論の
│テキスト『地学ハンドブック』,使いやすい『フィールドノート』など,
│市販されていない本会発行の書籍(通常は会員頒布)を展示・販売します.
│【担当】金井 克明 
│—————————————————————-
│【分野】地球科学                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社 マイクロサポート http://www.microsupport.co.jp/
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 3]
│—————————————————————-
│高圧物性実験や微小結晶を扱うあらゆる光学実験,研究用途での顕微鏡
│下マイクロサンプリング機器を展示します.
│ダイヤモンドアンビルセル(DAC)への試料マウント,試料微小部位の加工,
│微小結晶の採取と受渡しをバリエーション豊富なマイクロツールを取り
│揃えて職人技を支援します.
│【担当】前林 利典 
│—————————————————————-
│【分野】顕微分析試料準備                   
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 秋田大学 博士課程教育リーディングプログラム 
│   http://www.nfl.eng.akita-u.ac.jp/       
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [4F 団体B G-4]
│—————————————————————-
│資源の専門性と実践教育を重視した本大学院特別教育プログラムでは,
│鉱山・資源学に加え,リサイクル(都市鉱山開発)や資源経済,資源循
│環,環境保全や資源リテラシー,レアアース等の生体影響,さらに異文
│化理解,国際関係などを含めた知識,能力を博士課程5年一貫教育の中
│で養成します.これにより21世紀の資源開発に立ち向かうグローバルリ
│ーダーを育成します.
│【担当】大場 司 
│—————————————————————-
│【分野】研究・学術                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 愛媛大学地球深部ダイナミクス研究センター 
│   http://www.ehime-u.ac.jp/~grc/      
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体A 18]
│—————————————————————-
│世界で最も硬い物質「ヒメダイヤ」(ナノ多結晶ダイヤモンド)や高硬
│度と高靱性を兼ね備えたNPS(ナノ多結晶スティショバイト),そして,
│採取が困難なマントル深部の代表的構成鉱物など,センターの超高圧合
│成技術による希少鉱物や新規有用物質を展示します.また,平成25年度
│に認定を受けた共同利用・共同研究拠点である先進超高圧科学研究拠点
│(PRIUS)も紹介します.
│【担当】山田 朗 
│—————————————————————-
│【分野】研究・学術
└────────────────────────────────┘

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 日本地球化学会 http://geochem.jp       
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [5F 学協会 5,6]
│—————————————————————-
│日本地球化学会の展示ブースでは,学会誌「Geochemical Journal」CD-
│ROMの無料配布,和雑誌「地球化学」特集号の格安販売,お値打ち価格
│での学会員の書籍販売コーナー,各大学の研究室紹介(学部 生&大学
│院生向け)資料などを揃えています.学会ロゴ入りボールペンも配布し
│ていますよ.是非,お立ち寄りください!
│—————————————————————-
│【分野】地球化学                   
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 日本鉱物科学会 http://jams.la.coocan.jp/   
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [5F 学協会 7]
│—————————————————————-
│学会のアクティビティを紹介します.ぜひお立ち寄りください.
│1) 学会紹介ポスター, 学会誌展示(配布あり), 入会案内
│2) 学会会員の執筆した書籍の展示・紹介
│3) “Elements”紹介ポスター, バックナンバー(配布あり)
│4) JpGUスタンプラリー参加 
│—————————————————————-
│【分野】研究・学術 
└────────────────────────────────┘

★★───────────────────────────────┐
│ ■ 日本環境モニタリング株式会社 http://www.jemsci.co.jp/ 
│—————————————————————-
│【ブース位置】 [3F 団体B P-10]
│—————————————————————-
│(1)地熱開発調査,火山調査,地震予知等の観測に用いるラドン,ガン
│マ線,各種ガスセンサー搭載の可搬式測定装置を紹介致します(ポスター).
│(2)高校や大学の理科・物理教育に最適の,教育用ガンマ線スペクトロ
│ メーター(放射能測定装置)を展示致します.
│【担当】圓入 敦仁 
│—————————————————————-
│【分野】理化学機器・放射能測定装置・ガスセンサー         
└────────────────────────────────┘

連合大会出展者紹介
http://www.jpgu.org/meeting/exhibition/introduction/index.htm

====================================================================
※お知らせ※ ポスター会場の連合ブースにて,「メールニュースNO.199を
読んだ」とお申し付けください.粗品を進呈いたします.

====================================================================
編集:公益社団法人日本地球惑星科学連合 広報普及委員会
発行:津田 敏隆(公益社団法人日本地球惑星科学連合 会長)
公益社団法人日本地球惑星科学連合 (http://www.jpgu.org/)
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階

*本メールニュースは個人情報(会員)登録者に配信しています
*毎月10日に定期発行するほか,必要に応じて随時発行します
*お問い合わせ・ご意見は,連合事務局(office@jpgu.org)へお願いします
====================================================================