メールニュース

====================================================================
┌┐
└■ 日本地球惑星科学連合メールニュース 臨時号 No.232 2015/4/24
====================================================================
  【 日本地球惑星科学連合2015年大会 出展者ご案内特別号! 】
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.出展者紹介
┃2.事前参加登録のお願い
┃3.懇親会のお知らせ
┃4.International Mixer Luncheonへのお誘い
┃5.プレミアムブックマーケット参加者募集
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本地球惑星科学連合大会では,地球惑星科学に関連するあらゆる情報の発
信をめざし,国際会議場1階ラウンジ及び2階中央ロビーにおいて,関連企
業,研究機関,研究プロジェクト,大学等による展示企画を開催します.今
年は117ブース(104団体)の参加となりました.現在進行中のプロジェクトや
研究成果・新製品などの情報が満載です.
以下出展団体の一部をご紹介します.是非各ブースにお立ち寄りいただき、
最新の情報に触れてください!

====================================================================
┌┐
└■ 1.出展者紹介
====================================================================

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社アクセルスペース
│      http://www.axelspace.com/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 1]
│----------------------------------------------------------------
│アクセルスペースは超小型衛星の設計開発を行うベンチャー企業です。
│民生品技術の進歩とこれまでのノウハウの積み重ねによりわずか数億円
│で衛星の設計・製造を行うことができるようになりました。アクセルス
│ペースはユーザー様のパートナーとして、科学ミッションを実現する超
│小型人工衛星のワンストップサービスを実現いたします。
│【担当】太田祥宏
│----------------------------------------------------------------
│【分野】設計・製造
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 東洋紡株式会社
│      http://www.toyobo.co.jp/ 
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 8]
│----------------------------------------------------------------
│*屋外観測点での電源メンテナンスを簡素化したい方必見!!
│*これまで電源不足によりできなかった観測も可能にします!
│1.燃料カートリッジ1本で最大6ヶ月間、安定した電力を現地に供給。
│2.可搬式で設置も容易な新規電源。太陽電池との併用も可能です。
│弊社ブースにて展示いたします。ぜひご覧ください。
│【担当】山下全広
│----------------------------------------------------------------
│【分野】電源
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 愛媛大学 地球深部ダイナミクス研究センター
│         先進超高圧科学研究拠点
│      http://www.grc.ehime-u.ac.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 15]
│----------------------------------------------------------------
│世界で最も硬い物質「ヒメダイヤ」(ナノ多結晶ダイヤモンド)のほか,
│硬さと割れにくさを兼ね備えたNPS(ナノ多結晶スティショバイト),そ
│して,採取が困難なマントル深部の代表的構成鉱物など,センターの超
│高圧技術で合成した希少鉱物や新規有用物質を展示します.また,共同
│利用・共同研究拠点である先進超高圧科学研究拠点(PRIUS)も紹介します.
│【担当】山田 朗
│----------------------------------------------------------------
│【分野】地球惑星科学,物質科学
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 東北大学災害科学国際研究所
│      http://www.irides.tohoku.ac.jp
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 18,19]
│----------------------------------------------------------------
│東北大学災害科学国際研究所(IRIDeS)は、様々な分野の研究者が集結
│し、被災地の復興・再生に貢献するとともに、自然災害科学に関する世
│界最先端の研究を推進しています。地震・津波・火山などの各種災害に
│対する分野横断的研究や、東日本大震災に関する様々な情報を収集し、
│アーカイブ化する活動など災害に関する多様な研究を展開しています。
│【担当】岡田真介
│----------------------------------------------------------------
│【分野】災害科学
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ メイジテクノ株式会社
│      http://meijitechno.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 24]
│----------------------------------------------------------------
│メイジテクノ株式会社は、創業以来39年間、日本国内で顕微鏡を専門に
│製造している日本製顕微鏡の専門メーカーです。
│【担当】古川昌彦
│----------------------------------------------------------------
│【分野】光学顕微鏡製造
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 東京工業大学地球生命研究所(ELSI)
│      http://www.elsi.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 26]
│----------------------------------------------------------------
│地球生命研究所(ELSI)は, 平成24年に文部科学省世界トップレベル研
│究拠点プログラム(WPI)に採択された新しい研究所です.地球と生命の
│起源と進化をテーマに,世界中から研究者が集まり研究をすすめていま
│す.生命誕生の初期地球に注目し先の謎を解明するとともに,生命を育
│む惑星としての地球の特殊性と普遍性を理解することで宇宙における生
│命の可能性に迫ります.
│【担当】米原 遊
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究・学術
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ ステインズ株式会社
│      http://www.steynes.com/cs/jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 28]
│----------------------------------------------------------------
│ステインズ株式会社は、チェコのAGICO社による帯磁率異方性測定装置
│(MFK1-FA)を展示いたします。合わせてオプションの3D回転装置を展示
│します。(試料があればその場で測定することも可能です。)
│【担当】梅沢晋吾
│----------------------------------------------------------------
│【分野】地質学、古地磁気学、環境変動調査
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ Earth, Planets and Space
│      http://www.earth-planets-space.org/ja/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 33]
│----------------------------------------------------------------
│Earth, Planets and Space (EPS;IF 3.06[2013])は地球惑星科学分野の
│論文、特に地球電磁気学・超高層物理学・宇宙科学・地震学・火山学・
│測地学・惑星科学分野の論文を扱う総合学術誌です。展示ブースでは
│EPS誌の紹介とTシャツ等の配布を企画しています。EPS誌ブースにぜひ
│お立ち寄りください。
│【担当】長谷川 みどり
│----------------------------------------------------------------
│【分野】学術誌出版、地球惑星科学
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 安井器械株式会社
│      http://www.yasuikikai.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 37]
│----------------------------------------------------------------
│秒速精密粉砕機マルチビーズショッカーは岩石から微生物まで秒速で精
│密粉砕可能です。分析目的に応じた材質の容器から市販のプラスチック
│ディスポーサブル容器(密閉状態)まで豊富な品揃えがあります。開発
│28周年で10カ国に納入されています。
│【担当】安井修二
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究用粉砕機器製造販売
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ ジャスコインタナショナル株式会社
│      http://www.jascoint.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 51]
│----------------------------------------------------------------
│安定同位体比質量分析装置、表面電離型質量分析装置、希ガス質量分
│析装置、画像解析式粒度分布計、卓上走査型電子顕微鏡、卓上NMRなど
│様々な分析装置を扱っております。
│【担当】第二事業部 営業課
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 山陰海岸ジオパーク推進協議会
│      http://sanin-geo.jp
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [一般展示 59]
│----------------------------------------------------------------
│様々な岩石や地層、多彩な海岸地形、滝や渓谷など、貴重で美しい地形
│・地質を観察することが出来る山陰海岸ジオパークを舞台に、この秋
│アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムを開催します。アジア
│各地からの参加者を迎え、各地のジオパークの取組み事例の情報交換など
│を通じ、これからの方向性について議論します。是非ご参加下さい。
│【担当】宮田 裕史
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究・学術
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム
│    「フロンティア宇宙開拓リーダー養成プログラム」
│      http://www.frontier.phys.nagoya-u.ac.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [大学展示 1]
│----------------------------------------------------------------
│深い専門知識・経験、先端技術を基礎として研究分野を俯瞰できる広
│い知識・視野を持ち、国際的に競争力のあるプロジェクトを率いる能力
│を兼ね備えた人材を系統的・組織的に育成することで、宇宙をはじめと
│する次世代産業を開拓する能力を持つ国際的リーダー輩出することを
│目指す博士課程教育プログラムです。
│【担当】増田 智
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究・学術
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 秋田大学国際資源学部
│      http://www.akita-u.ac.jp/shigen/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [大学展示 3,4]
│----------------------------------------------------------------
│秋田大学国際資源学部では,資源分野で国際的に活躍できる人材を育成
│します。資源地球科学コースでは鉱物資源・エネルギー資源と関係する
│金属鉱床学,燃料鉱床学,地史学,堆積学,層位学,古生物学,鉱物学,
│岩石学,構造地質学など地球科学の教育と研究を行います。専門科目の
│授業は英語で行われ,学部3年生での海外フィールドワークを必修科目と
│しています。
│【担当】大場 司
│----------------------------------------------------------------
│【分野】大学
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻
│      http://www.env.nagoya-u.ac.jp/earth/index.html
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [大学展示 10]
│----------------------------------------------------------------
│当専攻では地球の深部から大気まで,他の惑星を含めた地球惑星科学の
│基礎研究とともに,地球全体を人類活動を含む一つのシステムとしてと
│らえた新しい地球環境科学の教育と研究を行っています.これらを通じ
│て,地球の営みを支配するプロセスの究明に貢献できる人材や,科学的
│な知識に基づいて地球環境の観測・評価・診断ができる能力を持った人
│材を育成します.
│【担当】諸田 智克
│----------------------------------------------------------------
│【分野】地球環境科学
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 共立出版株式会社
│      http://www.kyoritsu-pub.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [書籍・関連商品 2]
│----------------------------------------------------------------
│ 関連書籍出展販売
│【担当】藤本公一
│----------------------------------------------------------------
│【分野】自然科学書籍・企画販売
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ シュプリンガー・ジャパン
│      http://www.springer.jp
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [書籍・関連商品 7,8]
│----------------------------------------------------------------
│1.国際的に第一線で活躍する研究者による英文書籍,英文ジャーナル
│の出版
│2.オンラインで、電子ジャーナル、電子ブック、データベースを提供。
│ 電子ブックの出版点数、学術書出版で世界最大
│3.オープンアクセス出版事業
│【担当】米澤武之
│----------------------------------------------------------------
│【分野】出版
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社ニュートリノ
│      http://www.neutrino.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [書籍・関連商品 14]
│----------------------------------------------------------------
│弊社は理工学系専門学術洋書を長年取り扱っております.大会期間中は,
│複数の海外出版社と協力し,地球科学に関する洋書を多数展示いたします.
│普段,目にする事の少ない地球科学分野の洋書を一度にご覧いただける,
│またとない機会です.皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております.
│【担当】松尾政規
│----------------------------------------------------------------
│【分野】学術書籍等輸入販売
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社ELSS
│      http://www.elss.co.jp/jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [書籍・関連商品 18]
│----------------------------------------------------------------
│高品質な英文校閲・翻訳はwww.elss.co.jpへ
│JpGU2015限定割引あり。詳しくはプログラムブックの広告、又は
│「書籍・関連商品」のブース18へお立ち寄りください。
│株式会社ELSS elss(at mark)elss.co.jp
│【担当】リック ワイスバード
│----------------------------------------------------------------
│【分野】英文校閲・英文校正・論文翻訳・英文添削・ 
│     ネイティブチェックサービス  
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ ジオガシ旅行団
│      http://geogashi.com
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [書籍・関連商品 21]
│----------------------------------------------------------------
│食と風景の融合はここまでキター!
│美しい景色の成り立ちや、地形の面白さをより多くの方と共有すべく、
│地形から溶岩まで様々なものをお菓子化して楽しむ「ジオガシ旅行団」。
│人気の秘訣は、風景にそっくり!全て手作りで美味しい所。地質関係者
│ならびに最近ではアート系からの注目も高い。
│2015jpguでは新作ジオ菓子発表予定。
│【担当】鈴木 美智子
│----------------------------------------------------------------
│【分野】ジオ菓子製造業
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 地球電磁気・地球惑星圏学会
│      http://www.sgepss.org/sgepss/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [学協会デスク 4]
│----------------------------------------------------------------
│電磁気学的手法を用いた地球及び地球惑星圏研究を主体的に推進する
│JpGUの団体会員である学会の一つです。入会申込、年会費の納入、5/26
│に開催される総会の委任状を受け付けるとともに、広報・学会活動等の
│情報を発信しております。
│【担当】天野 孝伸
│----------------------------------------------------------------
│【分野】研究・学術
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ 株式会社 近計システム
│      http://www.kinkei.co.jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [パンフレット展示]
│----------------------------------------------------------------
│当社は、地震観測用機器のメーカーです。
│日本地球惑星科学連合2015年大会では、各種計測機器のカタログを配布
│致します。どうぞ、ご自由にお持ち帰りください。
│【担当】本橋 恵三
│----------------------------------------------------------------
│【分野】情報・通信・計測
└────────────────────────────────┘ 

┌────────────────────────────────┐
│ ■ Beta Analytic Inc.
│      http://www.radiocarbon.com/jp/
│----------------------------------------------------------------
│【ブース位置】 [パンフレット展示]
│----------------------------------------------------------------
│高品質な放射性炭素年代測定値を迅速にお知らせいたします。
│*ISO/IEC 17025:2005 認定ラボ, 確度・精度の保証
│*この分野における30年以上の経験
│*社内一貫分析, トレーサー・フリー・ラボ
│*迅速な納期: AMS C14 Dating 3から7営業日
│【担当】松山澄久
│----------------------------------------------------------------
│【分野】分析
└────────────────────────────────┘ 
====================================================================
┌┐
└■ 2.事前参加登録のお願い
====================================================================

割引料金にてご参加いただける事前参加登録をお早目にお手続きください

事前参加登録なら…
 - 割引料金での参加が可能です(例:会員一般 全日程22000円→16000円)
 - 当日の入場にお時間をいただきません

ぜひお早目のお手続きをお願いいたします.

※投稿と参加登録は別のお手続きです.投稿だけではご入場いただけません
のでご注意ください.

【締切】5月12日(火) 17:00 JST
【詳 細 情 報】http://www.jpgu.org/meeting/registration.html
【お申込ページ】https://secure.jproduce.co.jp/jpgu/

====================================================================
┌┐
└■ 3.懇親会のお知らせ
====================================================================

大会会期中の5月27日(水)ポスターセッション終了後の19:45から,懇親会を
開催します.今年は幕張メッセのオープンスペースにてバーベキューを行い
ます.また,アトラクションとして豪華賞品の当たる全員参加の抽選会も実
施する予定です.ぜひ皆様お誘い合わせの上,ご参加ください.

日時:5月27日(水)19:45~
場所:幕張メッセオープンスペース
内容:バーベキュー
参加費:事前登録割引料金 一般 3900円,学生 1980円

★お申込み方法
こちらから会員画面にログインしていただくと,「懇親会申込」ボタンが
表示されていますので,そちらからお手続きください.
https://secure.jproduce.co.jp/jpgu/

当日参加費は一般 4500円,学生 2500円です.
ご希望の方は1階ヘルプデスクにてお申込みください.
(定員になり次第締め切ります)

====================================================================
┌┐
└■ 4.International Mixer Luncheonへのお誘い
====================================================================

この度日本地球惑星科学連合では国際化推進の一環として連合大会期間中に
海外からの研究者,日本で学ばれている海外の研究者の皆様を中心に,連合
の国際化についてのご意見をいただき,又,意見交換及び参加者同士の交流
を深める機会とし,今後の日本での活動に生かしていただけるよう,
International Mixer Luncheonを開催いたします.

日時:5月25日(月)午後1時~2時
場所:幕張メッセ 国際会議場内
参加費:無料(軽食とドリンクつき)
お申込み方法:ご希望の方は以下のフォームからお申込みください.
      (先着120名)定員に達し次第,締め切らせていただきます.
       https://business.form-mailer.jp/fms/a3ecfdd540386

皆様のご参加をお待ちしております.

====================================================================
┌┐
└■ 5.プレミアムブックマーケット参加者募集
====================================================================

お手元にある蔵書で有効活用してほしいものがありましたら,連合大会にて
フリーマーケット風にご提供いただけませんか? 会場での販売は連合で担
当します.売り上げの9割はご提供者へ,1割を連合の手数料(人件費など)
とさせていただきます.また,残った本の処分も連合でお引き受けいたしま
す.本には,ご提供者ご自身で販売価格をつけていただき,大会会場へご郵
送下さい.蔵書のご提供を検討いただけます場合には,以下のフォームより
情報をお送りいただけますようお願い致します.詳細は,以下のページをご
覧ください.

【プレミアムブックマーケット】
 http://www.jpgu.org/meeting/bookmarket.html
【プレミアムブックマーケット参加申込みフォーム】
 https://business.form-mailer.jp/fms/9d7259bb28904

※申込み締切(延長しました)  平成27年4月29日(水)
お申込みの方には後ほど参加要綱をお送りします.


--------------------------------------------------------------------
┌┐
└■  地球惑星科学関係者の皆さまへ

日本地球惑星科学連合メールニュースは,地球惑星科学分野の最新の情報を
集約して提供することを目的として,日本地球惑星科学連合ホームページに
おいて,会員登録をされた方全員に配信しています.まだ会員登録をされて
いない周囲の方々に,ぜひ登録を勧めて下さい.
大学・研究機関・企業・教育関係,そのほか地球惑星科学に関心のある方で
したらどなたでも登録することができます.
会員登録はこちらから:https://secure.jproduce.co.jp/jpgu/

掲載情報の提供を歓迎いたします.学術研究集会・シンポジウム・一般公開
等のイベント情報,公募・求人情報など,随時受け付けています.
★イベント情報受付 :http://www.jpgu.org/event/entry.php
★公募・求人情報受付:http://www.jpgu.org/jobs/entry.php

※情報入力フォームが新しくなりました!

====================================================================
編集:公益社団法人日本地球惑星科学連合 広報普及委員会
発行:津田 敏隆(公益社団法人日本地球惑星科学連合 会長)
公益社団法人日本地球惑星科学連合 (http://www.jpgu.org/)
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階

*本メールニュースは個人情報(会員)登録者に配信しています
*毎月10日に定期発行するほか,必要に応じて随時発行します
*お問い合わせ・ご意見は,連合事務局(office@jpgu.org)へお願いします
===================================================================