メールニュース

====================================================================
┌┐
└■ 日本地球惑星科学連合メールニュース 臨時号 No.333 2020/01/14
====================================================================
≪ 目次 ≫
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃1.事務局長の交代について
┃2.事務局長からご挨拶とご説明
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
====================================================================
┌┐
└■ 1.事務局長の交代について

公益社団法人日本地球惑星科学連合(JpGU)の事務局長は本年4月1日より
  現  事務局長   浜野洋三 2015年3月1日 − 2020年3月31日
 次期  事務局長   末広 潔 2020年4月1日 − 

に交代となりますので、お知らせ致します.

——————————————————————–
┌┐
└■ 2.事務局長からご挨拶とご説明

         公益社団法人日本地球惑星科学連合事務局長 浜野洋三

明けましておめでとうございます.

JpGUにとって30周年を迎える年の初めに,学術大会開催を中心とする幅広い
公益目的事業の推進にむけて,事務局一同決意を新たに頑張って参りますの
で,地球惑星科学コミュニティーに関わる皆様方には,JpGUに対するさらな
るご支援,ご協力をお願いします.今回,事務局長の交代のご案内に際して,
JpGU事務局の設立の趣旨とこれまでの経緯を述べさせていただきます.

JpGU事務局は,年毎に全国の大学の組織委員会(大学 LOC)により開催され
ていた学術集会(地球惑星科学関連学会合同大会)を毎年継続して開催する
ために,2000年4月に設立された地球惑星科学合同大会運営機構において.
「大会継続のためには,これまで大学の研究者が中心となって行っていた大
会運営の実務を担うことができる,常置の事務局と専任の事務局長が必須で
ある」という理念のもとに作られたものです.そして初代の事務局長は,谷
上美穂子さんにお願いしました.本事務局は事務局長一人で出発ししました
が,運営機構メンバーと協力して,合同大会を毎年途切れることなく開催す
ると共に,2005年5月には,地球惑星科学に関わる多くの学会の賛同を得て,
任意団体の日本地球惑星科学連合を誕生させ,2008年12月に一般社団法人,
2011年12月に公益社団法人となっています.この間,谷上事務局長は,常勤
職員6名を要する事務局を作り上げ,大会運営,組織運営,及びJpGUの行う
様々な公益事業の実務を担ってきました.JpGU大会は,2000年に2000名程度
であった参加者が,10年後の2010年には5000名あまりに増加しています.谷
上事務局長は事務局で15年間働き退職されましたが,谷上事務局長が育て上
げた現在の有能な事務局なくしては,JpGUは存在していなかったといって過
言では有りません.

2015年の谷上事務局長の退職に伴い,2000年当初に運営機構の代表として,
谷上事務局長とタッグを組んでJpGUを支えてきた私(浜野)が,大会運営委
員長と兼務の事務局長となり,5年間の勤務ののち,本年3月に退職します.
この5年間は,JpGUが国際化に舵を切った時期と重なり,本年2020年大会で
は国内及び海外からの参加者を加えて8000名程度になることが予測されてい
ます.一方で,この5年間で,大会規模の拡大と国際化への対応,ジャーナ
ルの発行,さらに地球惑星科学の分野に求められる地球環境問題,自然災害
問題等への社会貢献等JpGUの実施する事業が大幅に増加し,事務局がカバー
すべき業務が質・量ともに急速に増え,事務局職員個々の負担は限界を超え
るものとなってきました.JpGUはもともと大会開催に対する受益者負担の原
則のもと,大会参加者が支払う投稿料,参加費を主な収入源として運営され
ています.上記の状況から,現在検討中の,大会参加者の増加による収入増
の一部を,事務局の増強(事務局職員の増員と待遇改善)に使用することに
ついて,是非皆様のご理解,ご協力,そして応援をお願いします.

本年4月からの次期事務局長として,末広潔さんが,昨年11月の理事会で川
幡会長より提案され,承認されました.末広潔さんの連合との関わりは1990
年に設立されたJpGUの前身である地球惑星科学関連学会連絡会の幹事として
学会間の連絡調整にあたり,1992年香港大会以降のWPGMについて AGUと日本
の学会グループの間の交渉の窓口として働かれています.
また,2003年のIUGG札幌総会の組織委員会(JpGU参加の16学会で構成)の総
務幹事として,学会間の調整に努力されています.2017年の AGUとJpGUとの
共同開催に向けては,2017年大会準備タスクフォースのヘッドとして,AGU
との綿密な協議を重ね,2017年大会を1100人以上の海外からの参加者が集ま
る国際大会として成功させています.AGU との共催は2020年,2024年にも予
定されており,末広事務局長のもとで,国内及び海外からのJpGU大会への参
加者を結集することで,次の30年に向けて,さらなるJpGUの発展が期待され
ます.

================================================================
編集:公益社団法人日本地球惑星科学連合 広報普及委員会

発行:川幡 穂高(公益社団法人日本地球惑星科学連合 会長)
公益社団法人日本地球惑星科学連合 (http://www.jpgu.org/)
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階

*本メールニュースは個人情報(会員)登録者に配信しています.
*毎月10日に定期発行するほか,必要に応じて随時発行します.
*お問い合わせ・ご意見は,連合事務局(office@jpgu.org)へお願いします.
*メールニュースの配信停止をご希望の際には下記URLからお願いします.
 なお,この配信停止はメールニュースにのみ適用されます.

====================================================