西田賞

石井 水晶(Ishii Miaki)

・受賞理由 / Commendation

コア,マントル,地殻の地震学的構造および地震破壊過程に関する研究

Research on seismological structure of the core, mantle, and crust and studies of nature of earthquake ruptures

・主要論文 / A list of five major papers

  • Ishii, M., & Tromp, J., 1999. Normal-mode and free-air gravity constraints on lateral variations in velocity and density of the Earth’s mantle. Science 285, 1231–1236.
  • Ishii, M., & Dziewónski, A.M., 2002. The innermost inner core of the earth: Evidence for a change in anisotropic behavior at the radius of about 300 km. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 22, 14026–14030.
  • Ishii, M., Shearer, P.M., Houston, H., & Vidale, J.E., 2005. Extent, duration and speed of the 2004 Sumatra-Andaman earthquake imaged by the Hi-Net array. Nature 435(7044), 933–936.
  • Ishii, M., Kiser, E., & Geist, E.L., 2013. Mw 8.6 Sumatran earthquake of April 11, 2012: Rare seaward expression of oblique subduction. Geology 41(3), 319–322.
  • Park, S., & Ishii, M., 2018. Near-surface compressional and shear wave speeds constrained by body-wave polarization analysis. Geophys. J. Int. 213(3), 1559–1571.

・主な業績 / Major achievements

石井水晶氏は,地震データの画期的な解析手法を開発し,地球内部のコア,マントル,地殻の構造やダイナミクスを解明して地震学および地球内部物理学に貢献した.なかでも,大規模な稠密地震観測網を地震計アレイとみなして高周波の地震波源をイメージングするback-projection法を開発して2004年スマトラ島沖地震や2011年東北沖地震に適用し,巨大地震の破壊過程を克明に描き出した業績は特筆に値する.この手法は地震学の標準的な解析手法の一つとして広く利用されている.また,石井氏は下部マントル最下部における大規模な密度異常の存在や内核最深部の異方性の変化など地球内部のダイナミクスの解明につながる重要かつ先駆的な発見をしている.近年では古い地震記録の電子化を日本の高校生と共同で実施するアウトリーチ活動にも取り組んでいる.こうした氏の業績は固体地球や大規模地震に対する理解を飛躍的に進展させ,国際的にも高く評価されている.

・推薦者/Nominator

William F. McDonough