お知らせ

小惑星探査機「はやぶさ2」の再突入カプセル帰還に関する日本地球惑星科学連合の声明

本日,日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は,試料の入った再突入カプセルの地球帰還を成功させました.日本の地球惑星科学コミュニティとして心から祝意を表明いたします.「はやぶさ2」は,小惑星リュウグウの近傍運用では,密な近接観測,狭く限られた地点へのピンポイント着陸,衝突体の打ち込みによる人工クレータの形成を成し遂げました.サンプリング機構が順調に動作したことを示す信号から,宇宙風化を免れた地下物質を含む試料の採取にも成功しているものと考えられます.この試料は,日本および各国の研究施設で詳細な分析が行われる予定ですが,太陽系や地球の起源及び進化に加えて,地球の海や生命の原材料物質の謎を解き明かす貴重な手がかりをもたらす,とても意義深いものです.きわめて高度な技術を伴うミッションに果敢に挑戦する宇宙航空研究開発機構と宇宙惑星科学コミュニティの関係者に,改めて心から敬意を表します.日本地球惑星科学連合は,帰還試料の分析によるさらなる成果の創出と,次の小惑星を目指す「はやぶさ2」本体の延長ミッションの成功を強く期待いたします.

公益社団法人 日本地球惑星科学連合

会長 田近英一

その他のお知らせ
2020.12.28 事務局年末年始休業のお知らせ
2020.12.28 会員システム休止のお知らせ