お知らせ

学術の大型研究計画に関する予備調査について (締切11/15)締切ました

2012年10月24日

学術の大型研究計画に関する予備調査について (締切11/15)

日本学術会議地球惑星科学委員会委員長 永原裕子

日本学術会議は,”学術の大型研究計画マスタープラン”,2014年4月の策定を目指して改訂することになりました,日本学術会議地球惑星科学委員会は,日本地球惑星科学連合と協議の結果.地球惑星科学コミュニティにおいては,コミュニティの事前の議論・よりよい計画の立案のために,予備調査をおこない,その結果を公表することとしました.
調査の回答にあたっては,以下をよくお読みいただき、趣旨および策定方針を御確認ください.この件についてのご質問は,永原(hiroko@eps.s.u-tokyo.ac.jp)までお願いいたします.

22期学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン策定の方針 
 (2012年10月9日日本学術会議科学者委員会学術の大型研究計画検討分科会委員長 荒川 泰彦)

大型研究計画マスタープラン改定について 
 (2012年10月20日 日本学術会議地球惑星科学委員会委員長 永原裕子)

ご回答は、11月15日(木)までに下記専用フォームにてご提案課題を提出ください. —締切ました—
回答専用フォーム: https://ssl.formman.com/form/pc/H5dDnq20rlygdc8d/

その他のお知らせ
2019.07.18 (会長声明)京都大学による研究不正調査結果と論文撤回を受けて
2019.06.28 VOTE!JpGU2020 選挙特設サイト