昨年度(2011年度)より、日本地球惑星科学連合・固体地球科学を主たるセクションとして登録している 学生(高校、大学、大学院の学生)を対象に、学生優秀発表賞の審査・授与を行うこととなりました。
下記の要項・手順でエントリーおよび審査を行います(事前にエントリーした発表のみ審査対象となります)。 皆様、どうぞ奮ってお申し込み下さい。

審査基準(下に記します)は、必ずしも研究の結果のみを求めるものではなく、 発表自体の質や完成度、皆さんの主体性などをバランスよく審査いたします。
「面白いことが分かった/分かりそうだ!」、「今回は頑張った!」、「良いデータが沢山でた!」など、 皆さんの感動や頑張りをこの機会にぜひアピールしてください。

2011年結果
2011年の内訳は,総エントリー数 86,授賞数 10 でした。
>> こちらのページにて受賞者の方の感想を掲載しています。

エントリー
>> エントリーは専用フォームより受け付けます。
※2012年エントリーフォームはただいま準備中です。

エントリー上の注意
・エントリーフォームでは,発表者氏名,所属,連絡先,指導教員名,発表の日時,会場,発表形式,タイトル,分野・キーワードおよび短い要旨(日本語300字、英語700字以内、いずれもスペースを含む)が必要入力項目です。

・「短い要旨」には、優秀発表に値すると考えられる要点を明記してください。

・エントリーフォームには日本語版と英語版がありますが、いずれか一方のみご記入ください。

・エントリーした発表が口頭発表の場合には,発表の冒頭で「本講演は固体地球学生発表賞にエントリーしています」と述べてください。

・ポスター発表の場合にはポスターの右上に「固体地球学生発表賞エントリー」と明示してください。

・ポスター発表の場合、審査員が訪れる時間を確保するために、最低1時間は発表ポスターの場に待機してください(エントリーフォームの「発表時間」には、その時間帯を記入してください)。

審査基準
発表賞の審査基準は「学生個人の能力を見ることに主眼をおくものとし,発表の論理構成・研究目的と結果の明瞭さ・当該研究分野の発展への貢献度・既存研究への知識に加えて,学生の主体性を重視すること」となっています。また,質疑応答に指導教員が関与していないことも重視されます。発表言語は、日本語あるいは英語のいずれかに限ります。
審査項目(下記9項目)
(1)視認性:スライド or ポスターの図表・デザイン・字の見易さ
(2)表現力:発声・説明(図の指し示し方など)の明瞭さ
(3)発表時間の有効活用
 ・口頭:規定時間を超過・短縮終了していないか
 ・ポスター:説明がコンパクトになされているか
(4)論理構成:論理は的確か・結論はデータにより支持されるか
(5)研究目的・結論の明瞭性:目的・結論が明瞭に示されているか
(6)データ充実度:十分な量 and/or 質のデータが提示されているか
(7)既存研究の理解度:関連する既存研究は十分に参照されているか
(8)研究の独自性・発展性:研究の独創性・当該分野発展への貢献度
(9)学生の主体性:研究に主体的に関わっているか。質疑応答を自身で行っているか

審査および結果発表
一つの発表について、2〜3名の審査委員の審査結果に基づき、 固体地球科学サイエンスセクションボードにて審議の上、決定致します。
結果は、後日受賞者に電子メール等で通知ならびに日本地球惑星科学連合のホームページ上で発表し、 賞状を授与致します。
受賞者数は、エントリー者数の5−10%を目安にしています。


Q&A
Q.固体地球科学セクション以外の発表に対してもエントリーできますか?
A.主たる登録セクションが固体地球科学セクションであれば、他セクションに対する発表であってもエントリーは可能です。
Q.“学生”とはどこまでが対象となりますか?
A.連合のIDをお持ちの、高校・大学・大学院生です。
お問い合わせ先は、こちらへ





日本地球惑星科学連合(ロゴを拡大)