アウトリーチ


日本地球惑星科学連合2007年大会では、2006年大会に引き続き、大会2日目の5月20日に「高校生によるポスター発表」セッションを開催しました。
高校生が行った地球惑星科学分野における研究や学習の成果を発表し、研究者と交流できる場を提供するのが目的です。今年は昨年を上回る34件の発表が ありました。

今年は新しい試みとして口頭による概要説明の時間を設けました。 各発表1分という短い時間にもかかわらず、的確で分かりやすい説明が行われ、 参加していた研究者も感心しきりでした。また、インターネットを利用した遠隔 地口頭発表のデモを行いました。来年以降の利用をご検討いただければと考えて おります。

午後のコアタイムには、34件の発表(下記参照)を広報・アウトリーチ委員が中心となって、 プレゼンテーションと内容の観点からそれぞれのポスターを審査し、 以下の賞を決定しました。
  

最優秀賞   
京都市立堀川高等学校 『自作超音波風速計を用いた都市気象の観測』
優秀賞
岐阜県立岐山高等学校  『スプライト現象の気象学的考察』
京都市立堀川高等学校  『リン循環の創出に向けた研究について』及び『永久塩泉を用いた人工湧昇の開発について 』
茨城県立並木高等学校  『公立高校における通学エリアの変化に関する研究』
奨励賞
静岡県立磐田南高等学校  『遠州灘海岸で見られる風紋の形態と成因 その2』
京都市立堀川高等学校  『レーザー光線を用いた高感度な吸光光度計の製作』
千葉県立柏高等学校    『ビル風の研究』

来年も継続して実施する予定です。皆様のご参加をお待ちしております。
なお、本セッションの開催には日本科学未来館のご協力を得ております。

 
   

   

日本地球惑星科学連合2007年大会 
一般公開プログラム「高校生によるポスター発表」


スケジュール
以下のスケジュールで行いました。
1月15日  参加登録開始
3月末        参加登録締切 → 4月24日まで延長
 日本地球惑星科学連合のHPに設けた申込専用ページに高校名、発表タイトル、連絡先などを記入していただき、参加登録していただきました。希望された高校からは予稿を送っていただき、連合大会CD-ROMに掲載させていただきました。参加登録については締切以降も可能な限り受け付けさせていただきました。 
4月中旬 プログラム公開開始
5月初め ポスター事前相談
 希望された高校からはポスターの原稿を送っていただき、広報・アウトリーチ委員がアドバイスしました。
5月20日 セッション開催

 掲示時間9:00−17:00
 09:00−11:30 一般公開プログラム(国際会議場、他)
 11:30−12:30 ビデオチャットと概要説明(国際会議場)
 12:30−13:45 昼休み
 13:45−15:15 ★ポスター発表コアタイム★(ポスター会場)
 15:30−16:15 一般公開プログラム(国際会議場、他)
 16:15−17:00 表彰式(国際会議場)
 
   
参加校と発表タイトルリスト
以下の34件の発表がありました。
 
タイトル 高校名
スプライト現象の気象学的考察 岐阜県立岐山高等学校
京都に降る酸性雨 京都府立桃山高等学校
レッドスプライトは真実か 愛知県立一宮高等学校
遠州灘海岸で見られる風紋の形態と成因 その2 静岡県立磐田南高等学校
五日市町層群小庄泥岩部層のストロマトライト様炭酸塩岩について 成蹊高等学校
硫酸と紫外線による岩石の変化 横浜創学館高等学校
ハワイ島の自然環境
ハワイ諸島の自然と動植物の特徴
早稲田大学 高等学院
ハワイ島の自然環境
比較をして考察する「すばる望遠鏡」の性能と役割
早稲田大学 高等学院
ハワイ島の自然環境
キラウエア巡検
早稲田大学 高等学院
飛行機雲ができる気象条件 那須高原海城高等学校
津波の到達時間の研究 ―1983年日本海中部地震を事例として― 巣鴨中学高等学校
爆弾低気圧(2007年1月6日〜8日)に伴う三宅島での気象の変化 巣鴨中学高等学校
「海外科学セミナー」アラスカオーロラ観測 長野県諏訪清陵高等学校
SSHコンソーシアム「スプライト観測」 長野県諏訪清陵高等学校
霧ヶ峰とアラスカの植生の差から環境をみる 長野県諏訪清陵高等学校
ドミノで地震のモデル実験 岩手県立盛岡第一高等学校
愛媛県中部に分布する久万層群産有孔虫化石の研究 愛媛県立松山南高等学校
最先端の金属鏡望遠鏡の製作 茨城県立水戸第二高等学校
太陽電波を捉えろ 茨城県立水戸第二高等学校
謎の湖 蟠竜湖の成因を解明する 島根県立益田高等学校
重力平衡形状から見る惑星の定義 巣鴨中学高等学校
都市大気がヒートアイランド現象に与える影響〜放射温度計を用いた大気中の赤外線放射量の測定〜 京都市立堀川高等学校
リン循環の創出に向けた研究について 京都市立堀川高等学校
永久塩泉を用いた人工湧昇の開発について 京都市立堀川高等学校
自作超音波風速計を用いた都市気象の観測 京都市立堀川高等学校
レーザー光線を用いた高感度な吸光光度計の製作 京都市立堀川高等学校
公立高校における通学エリアの変化に関する研究 茨城県立並木高等学校
静岡地方に降る雪の特徴と気象条件 静岡県立清水東高等学校
ビル風の研究 千葉県立柏高等学校
交通機関の発達による移動所要時間の地域内分布の変化に関する研究 茨城県立並木高等学校
宇治川清流度調査報告(天ヶ瀬ダムが淀川をヘドロから守る) 京都府立桃山高等学校
ブラックドロップのなぞの解明 国立長野工業高等専門学校
同時刻に発生したスプライトの分析 香川県立三本松高等学校
SSHコンソーシアムによる高高度発光現象スプライトの同時観測 高知県立高知小津高等学校

 

 

All Rights Reserved, Copyright 2005- Japan Geoscience Union
日本地球惑星科学連合(ロゴを拡大)