• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

渡部 雅浩











・受賞理由

気候モデルの開発とそれによる気候変動メカニズムの研究




・主要論文

・Watanabe, M., H. Shiogama, H. Tatebe, M. Hayashi, M. Ishii, and M. Kimoto, 2014: Contribution of natural decadal variability to global-warming acceleration and hiatus. "Nature Climate Change", 4, 893-897, doi:10.1038/Nclimate2355.
・Mori, M., M. Watanabe, H. Shiogama, J. Inoue, and M. Kimoto, 2014: Robust Arctic sea-ice influence on the frequent Eurasian cold winters in past decades. "Nature Geoscience", doi:10.1038/ngeo2277.
・Watanabe, M., M. Chikira, Y. Imada, and M. Kimoto, 2011: Convective control of ENSO simulated in MIROC. "J. Climate", 24, 543-562.
・Watanabe, M., and Coauthors, 2010: Improved climate simulation by MIROC5: Mean states, variability, and climate sensitivity. "J. Climate", 23, 6312-6335.
・Watanabe, M. and M. Kimoto, 2000: Atmosphere-ocean thermal coupling in the North Atlantic: A positive feedback. "Quart.J.R.Met.Soc.", 126, 3343-3369.



・主な業績

渡部氏は、大気の長期変化傾向を理解し今後の気候変動を予測するために、複雑な非線型過程をすべて含むそれまでの大気大循環モデルに対して、世界で初めて湿潤過程を含んだ線型大気モデルを独自に構築した。このユニークな線型大気モデルを駆使した数値実験により、大気長周期変動モードの成り立ちや、長周期変動と気候平均場、総観規模擾乱群、あるいは海洋との相互作用について、それらのメカニズムに踏み込んだ多くの先駆的成果をあげている。最近は“気候変動に関する政府間パネル(IPCC)”評価レポートにも資する大循環モデルの構築を精力的に主導し、近年のいわゆる温暖化の停滞問題についても新規性の高い数値実験を通してこの問題に終止符を打つ成果を得ている。また、作成した数値モデルは広く研究コミュニティに用いられ、気候力学分野の研究を一層発展させることにも貢献した。



・推薦者

新野宏