• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

是永 淳











・受賞理由

マントル対流の進化とプレートテクトニクスの開始に関する研究


・主要論文

・Korenaga, J., W. S. Holbrook, G. M. Kent, P. B. Kelemen, R. S. Detrick, H.-C. Larsen, J. R. Hopper, and T. Dahl-Jensen, "Crustal structure of the Southeast Greenland margin from joint refraction and reflection seismic tomography," J. Geophys. Res., 105, 21,591-21,614, 2000.
・Korenaga, J., "Archean geodynamics and the thermal evolution of Earth", in Archean Geodynamics and Environments, edited by K. Benn, J.-C. Mareschal, and K. Condie, AGU Geophysical Monograph Series 164, p.7-32, 2006.
・Lyubetskaya, T., and J. Korenaga, "Chemical composition of Earth’s primitive mantle and its variance, 1, Method and results", J. Geophys. Res., 112(B3), B03211, doi:10.1029/2005JB004223, 2007.
・Korenaga, J., "The Urey ratio and the structure and evolution of Earth’s mantle", Rev. Geophys., 46, RG2007, doi:10.1029/2007RG000241, 2008.
・Korenaga, J., "Initiation and evolution of plate tectonics on Earth: Theories and observations", Annu. Rev. Earth Planet. Sci., 41, 117-151, 2013.



・主な業績

是永氏は、マントル対流の理論的研究を行い、地球の熱史に関して新理論を提案した。すなわち「高温のマントルほどリソスフェアが厚くなるため低速で対流する」ことを提案し、新しい統計手法を用いて地球物理学と地球化学の観測事実を精査し、以前には互いに矛盾していると考えられた基本的問題を次々に解明した。加えて、海底観測を計画実施し、独自に開発した手法を用いて逆問題を解きモデル構築を行っている。プレートテクトニクスの起源と進化に関する一連の仕事をまとめた論文をも発表している。



・推薦者

自薦