• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

第4回科学技術系専門職の男女共同参画実態調査(大規模アンケート) ご協力のお願い

 

第4回 科学技術系専門職の男女共同参画実態調査(大規模アンケート)

ご協力のお願い

 

 

 

 男女共同参画学協会連絡会では、自然科学系の研究者・技術者を取り巻く現状を把握するために、これまで2003 年、2007 年、2012 年の3 回大規模アンケート調査を行い、JpGUも参加学会として協力してきました。各回、約2 万人の男性・女性の研究者・技術者から回答を得、そのアンケート結果に基づいて作成した提言は、国の政策決定に反映されており、男女共同参画に関する様々な支援策が講じられてきました。定期的、継続的なアンケート調査の実施は、男女共同参画の実情やその認識の変化を明らかにし、実施されている政府事業の効果を検証し、さらに新たな課題を見出す上で大変重要です。皆様のアンケートへの積極的なご協力をお願いいたしたく存じます。

 

 

 

1.アンケート対象者

  自然科学系の研究者・技術者(学生を含む)

  (学協会に所属していない方も回答可能です。)

 

2.アンケート実施方法:オンラインによる実施(web回答方式)

 https://wss2.5star.jp/survey/index/n3dd5zyv/9390/

回答時間は約20分です。

 

3.調査内容

・年齢・性別・経歴・職種・所属学協会等、基礎データ

・仕事関係(仕事時間、雇用形態、キャリア形成等)

・育児・介護(子供の人数、育児休業、介護休業、ライフワークバランス等)

・男女共同参画(意識、推進に必要なこと)

・これまでに実施された男女共同参画推進関連の政策の周知度と効果

 

4.アンケート実施期間:2016年10月8日(土)〜10月21日(金)[予定]

 

5.問い合わせ先

        JpGUダイバーシティ推進委員会 diversity@jpgu.org

 

6. アンケート実施者

    男女共同参画学協会連絡会 http://www.djrenrakukai.org/

              担当:アンケートWG事務局(化学工学会事務局内)

                          E-mail: danjo2016@scej.org

 

※個人情報の取り扱いについて

回答は、無記名のものとして統計的に処理し、個人を特定することはありません。収集したデータに関しては情報漏洩防止対策を徹底し、男女共同参画推進活動にのみ活用します。

 

以上