領域外・複数領域(M)
セッション小記号地球科学一般・情報地球科学(GI)
セッションIDM-GI35
タイトル和文計算科学による惑星形成・進化・環境変動研究の新展開
英文Development of computational sciences on planetary formation, evolution and surface environment
タイトル短縮名和文Development of computational sciences on planetary formation, evolution and surface environment
英文Computational Planets
代表コンビーナ 氏名和文林 祥介
英文Yoshi-Yuki Hayashi
所属和文神戸大学・大学院理学研究科 惑星学専攻/惑星科学研究センター(CPS)
英文Department of Planetology/CPS, Graduate School of Science, Kobe University
共同コンビーナ 1氏名和文小河 正基
英文Masaki Ogawa
所属和文東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻
英文Division of General Systems Studies, Graduate School of Arts and Sciences, University of Tokyo
共同コンビーナ 2氏名和文井田 茂
英文Shigeru Ida
所属和文東京工業大学地球生命研究所
英文Earth-Life Science Institute, Tokyo Institute of Technology
共同コンビーナ 3氏名和文草野 完也
英文Kanya Kusano
所属和文名古屋大学宇宙地球環境研究所
英文Institute for Space-Earth Environmental Research, Nagoya University
発表言語J
スコープ和文惑星形成・進化・表層環境の多様性の解明と理解に、計算機シミュレーションは大きな役割を果たしてきた。しかしながら、近年においては、計算機の能力の進歩は続いているにもかかわらず、そのことが必ずしも直接にシミュレーションでできることの改善につながっていない面もある。90年代初頭に比べて計算機は6桁性能向上しているが、我々が行っているシミュレーションは量的にも質的にもそれに見合ったものにはなっていないようにも見える。 本企画セッションでは、「京」コンピュータにいたり、さらにはポスト「京」コンピュータ等を実現しようという今日、これら計算能力の向上をいかにして惑星科学の量的・質的な発展につなげるか、ということをテーマに、惑星形成・進化、惑星内部と表層の構造と進化、それらの多様性について、理論、観測、および数値計算手法についての発表を募り、計算惑星科学の将来計画についての総合的な議論の場とする。 惑星科学に限らず、地球科学のあらゆる分野からの分野横断的な参加を期待する。
英文Computer simulations have been recognized as one of the fundamental tools in understanding planetary formation, evolution and diversity of surface environment. However, is may be notified that the continuous development of computational abilities in recent years does not seem to be well utilized in improving numerical simulations in those fields; computational efficiency has been improved by 6 orders of magnitude compared from the early 90's, many of our simulations do not seem to catch up qualitatively and quantitatively such improvement. We propose here in this session to ask those who are interested in computational sciences of various fields not only of planetary formation and evolution but also of earth and planetary sciences in general to join. The aim is to discuss various scientific and technical aspects of our numerical simulations to improve our skills to fully utilize those development of computational resources that is realized or will be realized in near future as "K" to "post-K".
発表方法口頭および(または)ポスターセッション
時間講演番号タイトル発表者予稿原稿
口頭発表 5月28日 PM1
13:45 - 14:00MGI35-01太陽地球圏環境変動の原因としての太陽活動のシミュレーション研究草野 完也
14:00 - 14:15MGI35-02全球非静力学火星大気大循環モデルの開発と高解像度計算樫村 博基
14:15 - 14:30MGI35-03原始惑星系円盤乱流場中のダストの衝突付着成長シミュレーション石原 卓
14:30 - 14:45MGI35-04Particle-Particle Particle-Tree法を用いた惑星系形成のN体計算コードの開発石城 陽太
14:45 - 15:00MGI35-05ポスト「京」萌芽的課題「生命を育む惑星の起源・進化と環境変動の解明」の現況,牧野 淳一郎
講演番号タイトル発表者予稿原稿
ポスター発表 5月28日 PM2
MGI35-P01Global N-body Simulation from Inner Region to Outer Region小南 淳子
MGI35-P02火成活動とプレートテクトニクスの3次元モデリング: 岩石惑星マントルの熱化学進化の解明に向けた取組み亀山 真典
MGI35-P03高速回転する球殻内の非弾性熱対流により引き起こされる表面帯状流佐々木 洋平
MGI35-P04原始惑星系円盤の降着が駆動する原始星フレア高棹 真介
MGI35-P05Cross-reference simulations by scalable communication library for the study of wave-particle interactions in planetary magnetospheres加藤 雄人
MGI35-P06惑星大気の放射伝達計算: 大気大循環モデルへの適用林 祥介
MGI35-P07Effect of the compressibility of turbulent flows on dust particle collision statistics in a protoplanetary disk櫻井 幹記
MGI35-P08大規模並列粒子シミュレーションコード開発用フレームワーク FDPS 上で演算加速装置を効率的に利用するためのアルゴリズムとそれを用いたアプリケーション性能行方 大輔