JpGUメディアライブラリ/研究者向けテスト

ユニオンセッション「地球惑星科学の進むべき道10 ビッグデータとオープンサイエンス」

主催:日本学術会議地球惑星科学委員会及び日本地球惑星科学連合
日時:2020年7月15日(水)14:15~17:30 オンライン開催(ライブ)
コンビーナ:藤井良一,田近英一,木村学,川幡穂高

1. 趣旨説明
木村 学
東京海洋大学

2. 基調講演
喜連川 優
国立情報学研究所/東京大学
「提言『日本におけるオープンサイエンスの深化と推進』に向けて」

3-1. 国際動向 
村山 泰啓
情報通信研究機構
「AGU、JpGUにおけるオープンサイエンス、研究データ共有の現状」

3-2. 国際動向 
ストール シェリー
AGU
「AGU、JpGUにおけるオープンサイエンス、研究データ共有の現状」

4. 宇宙惑星科学分野
海老沢 研
宇宙科学研究所
「宇宙科学分野におけるオープンサイエンスとデータ・サンプルマネージメント」

5. 大気科学分野
隈 健一
東京大学先端科学技術研究センター
「気象業務との関係を踏まえた大気科学分野におけるオープンデータについて」

6. 海洋科学分野
神田 穣太
東京海洋大学
「海洋科学分野におけるビッグデータマネジメント」

7. 固体地球物理学分野
平田 直
東京大学地震研究所・汐見 勝彦防災科学技術研究所加納 靖之東京大学地震研究所
「地震観測、固体地球物理分野におけるデータのオープンマネージメント」

8. 地球人間圏科学分野
小口 高
東京大学空間情報センター
「地理空間情報の発展とオープンアクセス化」

9. 国際深海掘削計画
斎藤 実篤
海洋研究開発機構
「サンプルアーカイブとオープンデータアクセスシステムの構築をめぐる国際共同計画の例:国際深海科学掘削計画の現状と課題」

10. 地質試料アーカイブ
小宮 剛
東京大学大学院総合科学研究科
「地球惑星科学サンプルアーカイブとオープンアクセスシステム構築計画」

11. ジャーナル問題
大谷 栄治
東北大学
「科学ジャーナルのオープンアクセスとオープンデータに関するコメント」