• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

富樫 茂子 ( Shigeko Togashi ) 先生


・受賞理由/Commendation

火山岩岩石学,特に同位体を用いた東北日本のマグマ成因論,および地球科学分野における男女共同参画推進への顕著な貢献により

 

For outstanding contributions to volcanic petrology, especially the magma genesis in Northeast Japan Arc using isotope petrology, and to the promotion of gender equality in the earth sciences



・経歴

 

1978年 4月  通商産業省工業技術院地質調査所 研究員

1990年12月~通商産業省工業技術院地質調査所地殻化学部

       同位体地学課課長、同部同位体地学研究室長を歴任

1999年 4月  通商産業省工業技術院地質調査所地殻化学部長

2001年 4月  独立行政法人産業技術総合研究所地球科学情報研究部門 副研究部門長

2002年 7月  独立行政法人産業技術総合研究所能力開発部門 能力開発コーディネータ

2003年 4月  独立行政法人産業技術総合研究所地球科学情報研究部門 研究部門長

2004年 5月  独立行政法人産業技術総合研究所地質情報研究部門 部門長

2008年 4月  独立行政法人産業技術総合研究所評価部 首席評価役

2012年 4月  独立行政法人産業技術総合研究所 名誉リサーチャー

2012年 7月  総務省公害等調整委員会委員

2014年 7月  独立行政法人産業技術総合研究所 理事

 



・主要論文

S. Togashi, T. Tanaka, T. Yoshida, K. Ishikawa, A. Fujinawa and H. Kurasawa, Trace elements and Nd-Sr isotopes of island arc tholeiites from frontal arc of Northeast Japan, Geochem. Jour. 26, 261-277, 1992.

 

S. Togashi and S. Terashima, The behavior of gold in unaltered island arc tholeiitic rocks from Izu-Oshima, Fuji, and Osoreyama volcanic areas, Japan, Geochimica et Cosmochimica Acta 61(3), 543-554, 1997.

 

S. Togashi, N. Imai, Y. Okuyama-Kusunose, T. Tanaka, T. Okai, T. Koma, and Y. Murata, Young upper crustal chemical composition of the orogenic Japan arc, Geochem. Geophys. Geosys.1.1049, Paper No.2000GC000083, AGU, 2000.

 

T. Tanaka, S. Togashi, H. Kamioka, H. Arakawa, H. Kagami, T. Hamamoto, M. Yuhara, Y. Orihashi, S. Yoneda, H. Shimizu, T. Kunimaru, K. Takahashi, T. Yanagi, T. Nakano, H. Fujimaki, R. Shinjo, Y. Asahara, M. Tanimizu and C. Dragsanu, JNdi-1: A neodymium isotopic reference in consistency with Lajolla neodymium, Chemical Geology 168, 279-281, 2000.

 

N.T. Kita, H. Nagahara, S. Togashi, and Y. Morishita : A short duration of chondrule formation in the solar nebula: Evidence from 26 Al in Semarkona ferromagnesian chondrules: Geochim. Cosmochim. Acta, 64, 3913-3922, 2000.

 



・主な業績

富樫茂子氏は,島弧におけるマグマ成因ならびマグマ進化過程の解明に向け,主に東北日本の火山岩を対象とした岩石化学・同位体研究を行ってきた.プレート収斂域における上部地殻の物質循環にまで考慮した島弧マグマの化学的進化モデルの提唱や富士山の数十万年に及ぶマグマ成因について成果を上げている.また,地質調査所の代表的な地質標本を用いて、活動的な島弧の上部地殻の平均組成を提案している.このほか,斜長石に対するSIMS(二次イオン質量分析法)を用いた綿密な微量元素分析にも参画され,マグマソースの変遷を斜長石の組成から効果的に読み解く研究は,月の試料にも適用され,従来とは異なる月の進化過程の議論へとつながっている.このほか,各種学会等の委員会活動等により,惑星地球科学分野における男女共同参画の推進にも多大な貢献をした.



・推薦者

佃 栄吉