• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

上出 洋介 先生












・受賞理由

太陽地球系物理学,特に太陽風−磁気圏−電離圏相互作用,磁気嵐,サブストームをテーマとする革新的研究による顕著な貢献により



・経歴

1972年4月 日本学術振興会学術奨励研究員(於:東京大学理学部)
1973年3月 Postdoctoral Fellow, Geophysical Institute, University of Alaska
1975年3月 Senior Research Associate, Cooperative Institute for Research in Environmental Science, University of Colorado
1977年9月 京都産業大学理学部助教授、1981年4月 同大学教授
1992年1月 名古屋大学太陽地球環境研究所教授
1999年4月~2005年3月 名古屋大学太陽地球環境研究所 所長
2007年4月 京都大学生存圏研究所特任教授



・主要論文

・Kamide, Y., A. D. Richmond, and S. Matsuhita, Estimation of ionospheric electric fields, ionospheric currents, and field-aligned currents from ground magnetic records, J. Geophys. Res., 86, 801-813, 1981.
・Kamide, Y., Estimate of electromagnetic quantities in space from ground magnetic records, Science, 241, 328-330, 1988.
・Kamide, Y., Y. Ishihara, T. L. Killeen, J. D. Craven, L. A. Frank, and R. A. Heelis, Combining electric field and aurora observations from DE 1 and 2 with ground magnetometer records to estimate ionospheric electromagnetic quantities, J. Geophys. Res., 94, 6723-6738, 1989.
・Kamide, Y., and S. Kokubun, Two-component auroral electrojet: Importance for substorm studies, J. Geophys. Res., 101, 13,027-13,046, 1996.
・Kamide, Y., W. Baumjohann, I. A. Daglis, W. D. Gonzalez, M. Grande, J. A. Joselyn, R. L. McPherron, J. L. Phillips, E. G. D. Reeves, G. Rostoker, A. S. Sharma, H. J. Singer, B. T. Tsurutani, and V. M. Vasyliunas, Current understanding of magnetic storms: Storm-substorm relationships, J. Geophys. Res., 103, 17,705-17,728, 1998.



・主な業績

上出洋介氏は太陽風−磁気圏−電離圏相互作用,磁気嵐,サブストームの分野において学界を先導する研究を行った.特に,KRM法として知られる地球磁場データ逆計算法を提唱し,それを用いた「サブストーム時のオーロラジェット電流」の研究は特筆すべき成果である.また,「磁気嵐−サブストームの関係」の新提唱,「磁気嵐主相の2段階発達」の発見など数多くの業績をあげた.更に,多数の著作によって研究成果の国際的な発信と交流に大きな寄与をし,アジア/大洋州地球科学学会の設立に多大な貢献をした.



・推薦者

町田 忍