• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

伊藤 英司 先生












・受賞理由

高圧地球科学,特にマルチアンビル高圧実験による地球深部科学分野への顕著な貢献により



・経歴

1969年4月 岡山大学温泉研究所 助手
1977年4月 岡山大学温泉研究所 助教授
1985年4月 岡山大学地球物質科学研究センター 助教授
1991年7月 岡山大学地球物質科学研究センター 教授
2008年4月 岡山大学 名誉教授
2008年4月 岡山大学地球物質科学研究センター 特命教授



・主要論文

・Ito, E. and Y. Matsui (1978) Synthesis and crystal-chemical characterization of MgSiO3 perovskite, Earth Planet. Sci. Lett., 38, 443-450.
・Ito, E., E. Takahashi, and Y. Matsui (1984) The mineralogy and chemistry of the lower mantle: an implication of the ultrahigh-pressure phase relations in the system MgO-FeO-SiO2, Earth Planet. Sci. Lett., 67, 238-248.
・Ito, E. and E. Takahashi (1989) Post-spinel transformations in the system Mg2SiO4-Fe2SiO4 and some geophysical implications, J. Geophys. Res., 94, 10,637-10,646.
・Ito, E., A. Kubo, T. Katsura, and M. J. Walter (2004) Melting experiments of mantle materials under lower mantle conditions with implications for magma ocean differentiation, Phys. Earth Planet. Inter., 143-144, 397-406.
・Ito, E., D. Yamazaki, T. Yoshino, H. Fukui, S. Zhai, A. Shatzkiy, T. Katsura, and K. Funakoshi (2009) Pressure generation and investigation of the post-perovskite transformation in MgGeO3 by squeezing the Kawai-cell equipped with sintered diamond anvils, Earth Planet. Sci. Lett., 293, 84-89.



・主な業績

伊藤英司氏は,マルチアンビル高圧実験のパイオニアである.地球深部の物質科学研究で世界をリードし,我が国のみならず米国や欧州における高圧地球科学の研究拠点形成にも大きく貢献した.研究面での代表的な業績は,(1)ブリジマナイト(珪酸塩ペロブスカイト)の合成と物性測定,(2)各種マントル鉱物の融解実験・元素分配実験,(3)焼結ダイヤモンドアンビルによる~1Mbar圧力発生等である.



・推薦者

米田 明