• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

平 朝彦 先生












・受賞理由

地質学,特に付加体概念の構築と展開,日本列島形成論の提案,および国際的な海洋掘削科学への顕著な貢献により



・経歴

1977年 高知大学理学部 助教授
1985年 東京大学海洋研究所 教授
2003年 独立行政法人海洋研究開発機構 地球深部探査センター長
2007年 独立行政法人海洋研究開発機構 理事
2012年 独立行政法人海洋研究開発機構 理事長



・主要論文

・Taira, A., Katto, J., Tashiro, M., Okamura, M., Kodama, K., 1988, The Shimanto Belt in Shikoku, Japan-evolution of Cretaceous to Miocene accretionary prism. Modern Geology, 12, 5-46.
・Taira, A., Hill, I., Firth, J., Berner, U., Brukmann, W., Byrne, T., Chabernaud, T., Fisher, A., Foucher, J.P., Gamo, T., Gieskesd, J., Hyndman, R., Karig, D., Kastner, M., Kato, Y., Lallemant, S., Lu, R., Maltman, A., Moore, G., Moran, K., Olaffson, G., Owens, W., Pickering, K., Siena, F., Taylor, E., Underwood, M., Wilkinson, C., Yamano, M., and Zhang, J., 1992, Sediment deformation and hydrogeology of the Nankai Trough accretionary prism: -Synthesis of shipboard results of ODP Leg 131-. Earth Planet Sci. Letters, 109, 431-450.
・Taira, A., Saito, S., Aoike, K., Morita, S., Tokuyama, H., Suyehiro, K., Takahashi, N., Shinohara, M., Kiyokawa, S., Naka, J., and Klaus, A., 1998, Nature and growth rate of the Northern Izu-Bonin (Ogasawara) arc crust and their implications for continental crust formation, The Island Arc, 7, 395-407.
・Taira, A., 2001, Tectonic evolution of the Japanese island arc system. Annual Rev. Earth & Planet Sci., 109-134.
・平朝彦、 飯島耕一、 五十嵐智秋、 坂井三郎、阪口秀、坂口有人、木川栄一、金松敏也、山本由弦、 東垣、田中智行、西村征洋、鈴木孝弘、木戸芳樹、渡邉直人、奥野稔、井上武、黛廣志、小田友也、濱田康治、室山拓生、伊能隆男、高階實雄、勝又栄信、原田直、西田文明、南川浩幸、金高良尚、2012,ボーリングコアのX線CTスキャン解析による東北地方太平洋沖地震における地盤液状化層の同定:浦安市舞浜3丁目コア試料の例、地質学雑誌、118、7,410−418



・主な業績

平朝彦氏は,(1)乱泥流の組織構造を磁性応答から研究する手法,光散乱から測定する手法などを用いて堆積物理学の構築に貢献した.(2)プレート境界に沿う四万十帯と南海トラフ沿いの前弧堆積体の海洋地質研究から,付加体モデルを構築し,砂泥堆積物の年代順序と深海性泥岩-チャート-玄武岩溶岩と時代順序との位相関係の明晰証明をおこなった.(3)ODPそしてIODPの国際共同研究を主導し,掘削コアの堆積記録の総合研究,古海洋環境変動についての解析,巨大ファン堆積物の解析,様々な地域の付加体解析から,大陸地域における地殻形成過程を理論化した.(4)本州弧と伊豆マリアナ島弧地殻の地殻探査構造を,地質構造,物理探査結果,深海掘削,堆積物の残留磁気,粒子特性,有機物組成変動,炭質物評価などから,衝突体の形成過程を明らかにした.



・推薦者

鳥海 光弘