• Facebook
  • Twitter
  • RSS
文字サイズ

入倉 孝次郎 先生








 

・受賞理由

地震学,特に強震動地震学・応用地震学分野における顕著な功績,および国内外の人材育成に多大な貢献をした功績により



・経歴

昭和38年 3月 京都大学理学部物理学科卒業
昭和41年 3月 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻修士課程修了
昭和43年 3月 京都大学大学院理学研究科地球物理学専攻博士課程中途退学
昭和58年 9月 京都大学理学博士
昭和43年 4月 京都大学防災研究所助手
昭和48年 5月 京都大学防災研究所助教授
昭和59年 8月 南カリフォルニア大学客員助教授
昭和63年 9月 京都大学防災研究所教授
平成 元年 4月 ミラノ工科大学客員教授
平成 2年 7月 南カリフォルニア大学客員教授
平成 2年12月 メキシコ国立防災センターJICA長期派遣専門家
平成13年 5月 京都大学防災研究所所長
  平成15年12月 京都大学総長補佐
平成16年 4月 京都大学名誉教授
平成16年 4月 京都大学副学長・理事
平成17年10月 愛知工業大学地域防災研究センター客員教授



・主要論文

Irikura, K., Semi-empirical estimation of strong ground motions during large earthquakes, Bull. Disas. Prev. Res. Inst., 33, 63-104, 1983.
Irikura, K., and K. Kamae, Estimation of strong ground motion in broad-frequency band based on a seismic source scaling model and an empirical Green's function technique, Annali di Geofisica, 37, 1721-1743, 1994.
Irikura, K., T. Iwata, H. Sekiguchi, A. Pitarka, and K. Kamae, Lesson from the 1995 Hyogo-ken Nanbu earthquake: Why were such destructive motions generated to buildings?, J. Natural Disas. Sci., 18(2), 99-127, 1996.
Somerville, P. G., K. Irikura, R. Graves, S. Sawada, D. Wald, N. Abrahamson, Y. Iwasaki, T. Kagawa, N. Smith, A. Kowada, Characterizing crustal earthquake slip models for the prediction of strong ground motion, Seism. Res. Lett., 70, 59-80, 1999.
Irikura, K., and H. Miyake, Recipe for predicting strong ground motion from crustal earthquake scenarios, Pure Appl. Geophys., 168, 85-104, , 2011.



・主な業績

入倉氏は固体地球物理学の地震学,特に強震動地震学の分野で多くの業績を残されている.強震記録を用いた震源過程推定,震源の動力学研究,地震動・微動を用いたサイト特性の評価手法,地下構造のモデル化に関する研究,地盤の非線形応答に関する観測的研究,経験的グリーン関数法,理論的手法に基づく強震動シミュレーション手法の開発を進められてきた.中でも中小地震記録から大地震の強震記録の再現や予測を行う経験的グリーン関数法は,理学から地震工学の分野まで幅広く用いられている.また,平成7年兵庫県南部地震において震災の帯の原因となった強震動パルス波の生成原因を突き止め,内陸地震における強震動生成と地盤構造による地震動増幅効果に関する研究が地震災害軽減に重要であると指摘した.これらの研究に基づき提案された,「強震動予測レシピ」は,地震調査研究推進本部の全国地震動予測地図の根幹を成し,地震動予測に広く用いられている.



・推薦者

平原和朗