イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2018年9月
9/25-9/29
14th iCACGP Quadrennial Symposium and 15th IGAC Science Conference
場所:サンポートホール高松
主催:iCACGP/IGAC2018国際会議組織委員会
詳細:2018年9月に24年ぶりに日本で開催されるiCACGP-IGAC 2018国際会議の
講演申し込み受付が開始されました。締め切りは4月1日です。

メインテーマは
Atmospheric Chemistry: From molecules to global impacts
(大気化学:分子から地球規模の影響まで)で、
以下の5つのセッションにおいて、大気化学研究を中心として、
その基礎研究から気象・気候への影響、生態系への影響、人間圏とのかかわりなど
多様なトピックスが世界各国の研究者により講演され議論されます。

1. Atmospheric Chemistry and Fundamentals (大気化学と基礎研究)
2. Atmospheric Chemistry and Weather/Climate (大気化学と気象・気候)
3. Atmospheric Chemistry and Ecosystems (大気化学と生態系)
4. Atmospheric Chemistry and People (大気化学と人間)
5. Challenging the Future (未来への挑戦)
詳細:http://icacgp-igac2018.org/conference-program/sessions/

また、次世代を担う若手研究者の育成のため、
Early Career Short Course (若手研究者ショートコース)
Early Career Conference Program (若手研究者プログラム)
では、若手研究者どうしや、シニア研究者との相互交流の機会も予定されています。
詳細:http://icacgp-igac2018.org/early-career-scientists/ec-short-course/

大気化学のみならず、水圏や陸域をメインにしつつ大気との境界に関する研究を
なさっている研究者の皆様のご参加も歓迎いたします。

詳細な情報はこちらをご覧ください。
大会ウエブサイト:http://icacgp-igac2018.org
日本大気化学会からのお知らせ:https://jpsac.org/news/post_1952/