イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2018年9月
8/31-9/2
日本気象学会夏季特別セミナー(第30回 日本気象学会夏季特別セミナー)
場所:愛知県民の森
主催:日本気象学会 JpGU団体会員主催
9/4-9/6
第20回日本感性工学会大会
場所:東京大学工学部二号館
主催:日本感性工学会
9/4
2018年度サマースクール 「地図から読み解くSDGsと国際協力」
場所:JICA地球ひろば
主催:公益社団法人日本地理学会 JpGU団体会員主催
9/5-9/8
日本地質学会第125年学術大会(札幌大会),巡検
場所:北海道大学高等教育推進機構総合教育部
主催:日本地質学会 JpGU団体会員主催
詳細: 日本地質学会は毎年,秋の学術大会(年会)にあわせて,
学会主催の巡検を実施しております。
この巡検には地質学会会員以外のかたからも参加の要望が
ありますことから,今大会の巡検からは,“巡検だけ”に
参加したいという関連学協会の会員を広く受け入れられ
るよう,巡検参加費を地質学会会員と同額にし,参加
しやすいようにいたしました.
また,巡検参加のCPD単位も発行しておりますので,関連
企業に所属の貴会会員のかたには,参加メリットもある
かと思います.ぜひご参加ください.

○札幌大会会期:2018年9月5日(水)~7日(金)
  メイン会場:北海道大学高等教育推進機構総合教育部
       (札幌市北区北17条西8丁目)

○巡検…プレ巡検(2コース),ポスト巡検(2コース)
  プレ巡検:9月3日(月)~4日(火) 1泊2日:1コース
       9月4日(火) 日帰り:1コース
  ポスト巡検:9月8日(土)~9日(日) 1泊2日:2コース
        9月8日(土) 日帰り:5コース

*巡検参加受付は8月10日(月)18:00までです.
==============================
巡検コース名
定員(最小催行人数)/ 実施日 / 巡検参加費
==============================
(Aコース)小樽の地質と石材
18(11)/ 9月8日(土)(日帰り)/10,000円
==============================
(Bコース)南西北海道,石狩低地帯におけるテフラ層序学:支笏洞爺火山地域の噴火履歴
35(15)/ 9月8日(土)(日帰り)/ 9,200円
---------------------------------------------------------
(Cコース)北海道日高海岸地域の中部~上部中新統前縁堆積盆埋積物の堆積システムと石油地質
25(15)/ 9月8日(土)(日帰り)/ 8,900円
---------------------------------------------------------
(Dコース)蝦夷層群下部~中部に記録された白亜紀中頃の温暖化と古環境変動
20(16)/ 9月8日(土)(日帰り)/ 9,600円
---------------------------------------------------------
(Eコース)神居古潭
18(13/ 9月8日(土)~9日(日)(1泊2日)/ 17,300円
(注)宿泊費は含まれていません.現地徴収もしくは各自清算(約6,000円)の予定.
---------------------------------------------------------
(Fコース)日高変成帯南部の深成変成岩類
25(15)/ 9月8日(土)~9日(日)(1泊2日)/ 15,000円
(注)宿泊費は含まれていません.現地徴収もしくは各自清算の予定.
---------------------------------------------------------
(Gコース)千島海溝沿岸域において認められる超巨大地震津波痕跡群と広域地殻変動 ※プレ巡検
20(10)/ 9月3日(月)~4日(火)(1泊2日)/ 18,200円
(注)宿泊費は含まれていません.現地で各自清算となります(5,100円,素泊まり).
---------------------------------------------------------
(Hコース)街中ジオ散歩 in Sapporo―開拓使時代の川
※プレ巡検・アウトリーチ巡検
15(1)/ 9月4日(火)(日帰り) / 1,000円
(注)参加対象は一般市民優先(定員に余裕がある場合は,会員等の参加も可)
---------------------------------------------------------
(Iコース)一億年時間旅行 三笠ジオパーク
※アウトリーチ巡検
40(17)/ 9月8日(土)(日帰り)/ 5,300円
(注)参加対象は一般市民優先(定員に余裕がある場合は,会員等の参加も可)
--------------------------------------------------------
○巡検各コースの紹介
https://confit.atlas.jp/guide/event/geosocjp125/static/excursion

○札幌大会HP
https://confit.atlas.jp/guide/event/geosocjp125/top
9/5-9/8
日本温泉科学会第71回大会
場所:大分県別府市 別府市公会堂
主催:一般社団法人日本温泉科学会 JpGU団体会員主催
9/6
第36回レーザセンシングシンポジウム
場所:茨城県立県民文化センター
主催:レーザセンシング学会
9/14-9/16
第46回 可視化情報シンポジウム概要
場所:明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー
主催:一般社団法人 可視化情報学会
9/20-9/23
宇宙生物科学会第32回大会・第15回宇宙環境利用研究日韓合同セミナー合同国際大会
場所:東北大学大学院生命科学研究科・生命科学プロジェクト総合研究棟
主催:一般社団法人日本宇宙生物科学会 JpGU団体会員主催
9/21
公開シンポジウム「科学と市民と農業-科学技術イノベーションの役割-」
場所:日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会, 日本生物環境工学会
主催:日本学術会議食料科学委員会農業情報システム学分科会,日本生物環境工学会,
9/25-9/29
14th iCACGP Quadrennial Symposium and 15th IGAC Science Conference
場所:サンポートホール高松
主催:iCACGP/IGAC2018国際会議組織委員会
詳細:2018年9月に24年ぶりに日本で開催されるiCACGP-IGAC 2018国際会議の
講演申し込み受付が開始されました。締め切りは4月1日です。

メインテーマは
Atmospheric Chemistry: From molecules to global impacts
(大気化学:分子から地球規模の影響まで)で、
以下の5つのセッションにおいて、大気化学研究を中心として、
その基礎研究から気象・気候への影響、生態系への影響、人間圏とのかかわりなど
多様なトピックスが世界各国の研究者により講演され議論されます。

1. Atmospheric Chemistry and Fundamentals (大気化学と基礎研究)
2. Atmospheric Chemistry and Weather/Climate (大気化学と気象・気候)
3. Atmospheric Chemistry and Ecosystems (大気化学と生態系)
4. Atmospheric Chemistry and People (大気化学と人間)
5. Challenging the Future (未来への挑戦)
詳細:http://icacgp-igac2018.org/conference-program/sessions/

また、次世代を担う若手研究者の育成のため、
Early Career Short Course (若手研究者ショートコース)
Early Career Conference Program (若手研究者プログラム)
では、若手研究者どうしや、シニア研究者との相互交流の機会も予定されています。
詳細:http://icacgp-igac2018.org/early-career-scientists/ec-short-course/

大気化学のみならず、水圏や陸域をメインにしつつ大気との境界に関する研究を
なさっている研究者の皆様のご参加も歓迎いたします。

詳細な情報はこちらをご覧ください。
大会ウエブサイト:http://icacgp-igac2018.org
日本大気化学会からのお知らせ:https://jpsac.org/news/post_1952/
9/25-9/28
10th ACES (APEC Cooperation for Earhtquake Science) International Workshop - Toward Comprehensive Understanding of Earthquake Physics -
場所:ホテル&リゾーツ南淡路
主催:ACES (APEC Cooperation for Earthquake Science)
詳細:地震発生物理学に関連する学問分野において世界の第一線で活躍している研究者が一同に会し、その全体像を俯瞰し議論を深めることで、同分野に画期的な進展をもたらすことを目指す国際ワークショップです。
9/26-9/30
日本火山学会2018年度秋季大会
場所:秋田大学 手形キャンパス
主催:日本火山学会 JpGU団体会員主催