イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2017年10月
9/30-10/1
第2回GODAC ROVパイロットトレーニング
場所:GODAC(国際海洋環境情報センター)ピロティ
主催:国際海洋環境情報センター(GODAC)
詳細:GODACの所有する小型ROVを使い,ROVパイロットに必要とな
る知識や操作技術のトレーニングを行います. 少しずつ難しくなる操作技
能を段階的にクリアしていき,卒業検定(2018年2月開催予定)に合格
して小型ROVパイロットの免許証をゲットしよう!
10/13-10/14
三鷹・星と宇宙の日2017
場所:国立天文台三鷹/東京大学天文学教育研究センター/三鷹市星と森と 絵本の家
主催:国立天文台
詳細:施設公開,講演会,最新の研究成果の紹介,天体観望会,工作,実験,
スタンプラリーなど
10/14
第15回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム「ダイバーシティ推進における産学の取り組み」
場所:東京大学 本郷キャンパス 医学部教育研究棟14F鉄門記念講堂
主催:男女共同参画学協会連絡会
詳細:9:00~ 受付

10:00~11:30 【午前の部】
第4回科学技術系専門職の男女共同参画実態調査報告

11:30~13:00 【昼の部 : 休憩含】
ポスターセッション コアタイム:11:30~12:00

13:00~17:00 【午後の部】

第I部 13:00-14:15

◆13:00~13:35
開会の辞  藤原 健嗣(化学工学会会長、旭化成(株)常任相談役)
歓迎の辞  松木 則夫(東京大学理事・副学長)
来賓挨拶  松山 政司(内閣府特命担当大臣)(依頼中)
      文部科学省(依頼中)
      吉田 晴乃(日本経済団体連合会、BTジャパン社長)

◆13:35~14:15 基調講演

小田 文子(経済産業省経済産業政策局経済社会政策室長)
「ダイバーシティ2.0 一歩先の競争戦略へ」(仮題)
渡辺 美代子(科学技術振興機構副理事・Gender Summit 10 Chair)
「受け入れるダイバーシティから発信するダイバーシティへ
  -ジェンダーサミット10発アジアから世界へ-」

◆14:15~14:30 休憩

第II部 14:30-17:00

◆14:30~15:45 講演

主催学会からの講演
宮崎 あかね(化学工学会、日本女子大学教授)
「各種データおよび第4回科学技術系専門職の男女共同参画実態調査に基づくダイバーシティ推進における産学の取り組み」

学側からの講演
束村 博子(名古屋大学副理事)
「名古屋大学における男女共同参画推進の取組ー大学を活性化するための戦略としてー」
國井 秀子(芝浦工業大学教授)
「女性活躍推進における産学の取組の違いと連携の重要性」

産業からの講演
岩田 喜美枝(21世紀職業財団会長)
「女性活躍は企業の成長戦略」
星野 朝子 (日産自動車専務執行役員)
「日産自動車のダイバーシティ改革」

◆15:45~16:20 パネル討論
ファシリテーター 辻 佳子(化学工学会、東京大学教授)
パネリスト ご講演者

◆16:20~16:40 各種報告
第15期活動報告   辻 佳子(化学工学会、東京大学教授)
第15期委員長挨拶  北川 尚美(化学工学会、東北大学教授)
第16期幹事学会挨拶 古谷 誠章(日本建築学会会長、早稲田大学教授)
第16期委員長挨拶  寺田 宏(日本建築学会、清水建設(株)執行役員設計副本部長)

◆16:40~16:45 閉会の辞
長谷部 伸治(化学工学会副会長、京都大学教授)

◆16:45~16:55 集合写真撮影

17:15~19:15 【懇親会】
於:Capo PELLICANO Hongo(東京大学医学部研究棟13階)
10/15
地球観測センター 秋の一般公開
場所:地球観測センタ-
主催:宇宙航空研究開発機構 地球観測センタ-
詳細:地球観測センターは,比企丘陵に囲まれた自然の中で,
季節ごとの様々な風景を楽しみながら施設の見学が出来ます.
"宇宙から地球を見守る場所"を,地上からあなたの目で見てみませんか?
10/15-10/16
FOSS4G 2017 KYOTO.KANSAI
場所:総合地球環境学研究所
主催:OSGeo財団日本支部
詳細:10月15日(日)コアデイ(カンファレンス)
主催:OSGeo財団日本支部
共催:総合地球環境学研究所研究基盤国際センター情報基盤部門
参加無料・登録不要
事例発表(発表15分+質疑5分)とポスター発表を募集します。
発表申し込み等の詳細については下記ページをご覧ください。
https://www.osgeo.jp/events/foss4g-2017/foss4g-2017-kyoto-kansai-coreday

10月16日(月)ハンズオン(ワークショップ)
*地球研 地球環境GIS講習会を兼ねます。
QGIS入門、PostGIS入門、mago3D、ODKAggregateなど
主催:OSGeo財団日本支部、総合地球環境学研究所研究基盤国際センター情報基盤部門
定員制(要参加登録)
受講料:4,000円 (当日申し込み)、3,000円 (事前申し込み)
*OSGeo日本支部会員は無料で受講できます(当日会員登録も受け付けます)。
10/26
SPACE MEETS YOKOHAMA きぼう,その先へ
場所:パシフィコ横浜 国立大ホール
主催:宇宙航空研究開発機構
詳細:いよいよ今年12月頃から国際宇宙ステーション(ISS)
長期滞在を開始するJAXA宇宙飛行士金井宣茂.
金井宇宙飛行士の打ち上げを目前に,JAXA宇宙飛行士油井亀美也,大西卓哉が
ISSと「きぼう」日本実験棟の成果や将来展望を語りつくします!
金井宇宙飛行士は訓練先のドイツから中継参加予定!
10/28
日本地震学会一般公開セミナー「鹿児島の地震津波防災を考える―過去の災害に学ぶ―」
場所:かごしま県民交流センター
主催:日本地震学会 JpGU団体会員主催
詳細:「鹿児島の地震津波防災を考える―過去の災害に学ぶ―」
日時:10月28日(土) 13:30~16:30
場所:かごしま県民交流センター(県民ホール)
鹿児島市山下町14-50
対象: 一般市民
参加費: 無料
講演:「2011年東日本大震災の津波とその教訓」
     佐竹健治 東京大学教授
   「2016 年熊本地震とその教訓」
     清水洋 九州大学教授
   「南九州の地震・津波と防災」
     中尾茂 鹿児島大学教授
事前申込: 不要。直接、会場へお越しください。
問合せ先: 日本地震学会事務局(zisin at tokyo.email.ne.jp)(atを@にかえてください)
主催: 日本地震学会
後援: 鹿児島大学地域防災教育研究センター
10/28
日本地震学会「地震の教室」(親子向け・教員向け)
場所:鹿児島県立博物館
主催:日本地震学会 JpGU団体会員主催
詳細:(1)親子向け教室
「地震計を作って、ゆれを測ってみよう!」
日時: 10月28日(土) 10:00~(12:00終了予定)
場所: 鹿児島県立博物館
    鹿児島市城山町1-1
    https://www.pref.kagoshima.jp/hakubutsukan/
対象: 親子10組程度(中・高校生はこども同士も可)
参加費: 無料
内容: 簡単な材料で地震計を手作りし、地面や建物の揺れを測ってみます。
    パソコンにつなぎ、測定した揺れを目で見て実感できます。
事前申込: 必要。10月10日(火)締切。(定員に余裕があれば、当日参加も可能です)
      日本地震学会 2017年親子教室 担当係 まで親子の氏名、学年を記し、
      電子メールでお願いします。
      ssj2017-oyako at catfish.dpri.kyoto-u.ac.jp (atを@にかえてください)
主催: 日本地震学会
協力: 鹿児島県立博物館
    関西地震観測研究協議会地震防災教育ワーキンググループ
後援: 鹿児島大学地域防災教育研究センター

(2)教員向け教室
「小中高の授業ですぐに使える地震を教える教材紹介」
日時: 10月28日(土) 10:00~13:00
場所: 鹿児島県立博物館
    鹿児島市城山町1-1
    https://www.pref.kagoshima.jp/hakubutsukan/
対象: 主に小・中・高等学校の教員
参加費: 無料
内容: 断層、地震の揺れ、液状化など、理科の授業で使える教材を紹介します。
    教材レシピの配布もあります(先着順)。
事前申込: 不要。直接、会場へお越しください。
問合せ先: 日本地震学会事務局(zisin at tokyo.email.ne.jp)(atを@にかえてください)
主催: 日本地震学会
協力: 鹿児島県立博物館
後援: 鹿児島大学地域防災教育研究センター