イベント一覧

◆イベント・シンポジウム情報を募集しています
こちらのフォームから送信してください
2016年6月
6/4
日本学術会議公開シンポジウム「これからの高校理科教育のありかた」
場所:東京大学理学部4号館2階1220号室
主催:日本学術会議 科学と社会委員会 科学力増進分科会
詳細:2016年2月8日に発出した日本学術会議提言「これからの高校理科教育のありかた」を広く社会に発信するとともに、そのより具体的な実現に向けて、多様な立場からの議論を行う場を提供する。
6/7-6/9
第81回定時総会・特別講演会および平成28年度春季講演会
場所:秋田市 秋田ビューホテル
主催:石油技術協会 JpGU団体会員主催
6/11
勝浦宇宙通信所 科学技術習慣における施設一般公開
場所:勝浦宇宙通信所
主催:宇宙航空研究開発機構 勝浦宇宙通信所
詳細:今年は「体験しよう!科学と宇宙!」をテーマとし、工作コーナーで物質の変化について学んだり、宇宙服の試着を体験して記念写真撮影など、通常の見学では体験できない多くのイベントを企画しています。
皆さまのご来場をお待ちしております。
6/12
~明日の宇宙を拓くまち“かくだ”で、次世代の宇宙産業・教育を考える~JAXAタウンミーティング in 角田
場所:かくだ田園ホール(角田市市民センター)
主催:角田市、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
詳細:宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、角田市と共催でJAXAタウンミーティングを下記のとおり開催いたします。
 今回は、JAXAと角田市が取り組んでいる産業振興や教育振興の取り組みについて話題をお伝えし、ご参加の皆さまからご意見や、宇宙を利用したり連携をしていくようなご提案をいただきたいと考えています。
6/15
「宇宙産業講演会~JAXAの宇宙航空技術開発と中部地域への期待~」
場所:栄ガスビル ガスホール
主催:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
詳細:愛知県では、航空宇宙産業の一層の拡大・発展に向けて取り組んでおります。
 我が国の宇宙産業は、これまで国の宇宙利用を中心に発展してきましたが、平成19年の衛星打上げサービスの民間移管を皮切りに、昨年11月には我が国初の商業利用としてカナダの通信放送衛星を搭載したH-2Aロケット29号機の打上げに成功するなど、転換点を迎えています。
 また、本県を中心とする中部5県で進める国際戦略総合特区「アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区」では、ロケットを始めとした宇宙機器事業を支援対象に加えたところです。
 こうした中、当地において宇宙産業への参入を促進し、宇宙産業の更なる集積を図るため、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)様の協力のもと、「宇宙産業講演会~JAXAの宇宙航空技術開発と中部地域への期待~」を開催します。
 今後の拡大・発展が期待される宇宙産業に興味のある方は、是非、御参加ください。
6/17
第7回サイエンスカフェ in 鳥栖 「高エネルギービームが拓く新しい世界」
場所:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター 第2棟 1階 大会議室
主催:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター
詳細:鳥栖市には、佐賀県立九州シンクロトロン光研究センター(SAGA-LS)、九州国際重粒子線がん治療センター(サガハイマット)、産総研九州センターと、三つもの最先端の科学技術施設が集まっています。
地方都市にこれだけの施設が集まるのは、非常に稀なことです。
今回のサイエンスカフェは、3施設に鳥栖市を加えた4者合同で「高エネルギービームが拓く新しい世界」についてそれぞれの角度から講演を行います。
高エネルギービームやシンクロトロン放射光、重粒子線について、わかりやすくお話しします。
6/18
オオミズナギドリと貨物船で海流を測る~新たな観測手法がひらく海流予測の新展開~
場所:横浜研究所三好記念講堂
主催:海洋研究開発機構 横浜研究所
詳細:海の流れは、様々な漂流物の行先からうかがい知ることができます。海洋学では、昔から漂流ブイを流すことによって海流の分布を理解しようとしてきました。最近になって確立した、計算機による海流予測は、人工衛星による海面の計測からわかる海流分布を利用しています。ただし現状では、人工衛星の計測間隔が最大100km以上と大きく、海流の分布を詳しく知るには限界があります。この限界を突破するために動物行動学と船舶工学といった異分野の研究者たちと協力して、海流によって流されるオオミズナギドリと内航貨物船の位置情報を活用した海流予測の精度向上に挑戦し、計測の限界を越える可能性を示すことができました。こうした試みをはじめとして、海流を測り、予測してその結果を活用するための様々な取り組みについて紹介します。
6/24-6/25
2016生態工学会年次大会
場所:宮崎グリーンスフィア壱番館(KITEN) コンベンションホール 〒880-0811 宮崎県宮崎市錦町1番10号
主催:生態工学会 JpGU団体会員主催
6/24-6/26
2016年日本古生物学会年会(福井)
場所:福井県立大学
主催:日本古生物学会 JpGU団体会員主催
6/27-6/28
公開シンポジウム「フロンティアを目指す、サイエンスとアート」
場所:日本学術会議 講堂
主催:日本学術会議総合工学委員会・機械工学委員会合同 フロンティア人工物分科会
詳細:本分科会では、今期の活動として、提言改訂に向けて、前回提言に関わるアクションへの回答を得るために、フロンティア人工物ないし理工学(第3部) の範囲を超えて、第1部、第2部の分野をも含んだシンポジウムを開催して、フロンティア人工物分野を人文社会科学面からとらえ、推進すべき立ち位置、環境に関する意見の抽出を行うことを計画し、ここにシンポジウム開催計画を提出するものである。