武田 弘 (Hiroshi Takeda) 先生



・受賞理由/Commendation


惑星科学、特にアポロ月試料と隕石試料の鉱物結晶学的な研究およびかぐや月探査による固体惑星物質進化の解明への貢献により


for outstanding contributions to planetary science, especially understanding of the evolution of planetary materials using mineralogical and crystallographic study of Apollo lunar rocks and meteorites as well as Kaguya lunar mission




・主要論文 / A list of five major papers

1. Takeda H.: A layered-crust model of a Howardite parent body. Icarus, 40, 455-470, 1979.
2. Takeda H.: Mineralogy of Antarctic ureilites and a working hypothesis for their origin and evolution. Earth Planet. Sci. Lett., 81, 358-370, 1987.
3. Takeda H. and Graham A. L.: Degree of equilibration of eucritic pyroxenes and thermal metamorphism of the earliest planetary crust. Meteoritics, 26, 129-134, 1991.
4. Takeda H.: Mineralogical records of early planetary processes on the howardite, eucrite, diogenite parent body with reference to Vesta. Meteoritics and Planet. Sci., 32, 841-853, 1997.
5. Takeda H., Yamaguchi A., Bogard D. D., Karouji Y., Ebihara M., Ohtake M., Saiki K. and Arai T.: Magnesian anorthosites and a deep crustal rock from the farside crust of the Moon, Earth Planet. Sci. Lett., 247, 171-184, 2006.



・主な業績 Major achievements (in Japanese)

アポロ月試料や分化した隕石の鉱物結晶学的分析から、太陽系の始原的物質が部分溶融と分化を繰り返し、分化した小惑星や月のような小天体を経て地球に至る「固体惑星物質進化」という新概念を提唱し、それを発展されました。特にHED隕石、ユレイライト隕石、プリミティブエコンドライトの研究においては、世界をリードする研究を展開され、それぞれの隕石グループの形成過程については、現在でも基本となるモデルを提出されました。これらの研究においては、日本の南極隕石の発見が大きな役割を演じており、南極隕石のキュレーションを確立することにもご尽力されました。アポロ月試料の研究から始まり、日本の月科学の第一人者であり、かぐや月探査にも深く貢献され、近年では新しい月地殻形成モデルを提唱されています。国内外の学会組織でも幅広く活躍され、多くの後継者を育てられています。



推薦者/Nominator


三河内 岳 (Takashi Mikouchi)

公益社団法人日本地球惑星科学連合
所在地:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階
All Rights Reserved, Copyright 2005-2017 Japan Geoscience Union