松浦 充宏 (Mitsuhiro Matsu’ura) 先生





・受賞理由/Commendation


固体地球物理学,特に内部力源による弾性−粘弾性物体の変形理論,地球物理データの逆解析理論とその応用,地震発生の物理,及びプレート沈み込み帯の地殻ダイナミクスへの顕著な貢献により


for outstanding contributions to solid-earth geophysics, especially mechanics of solid with internal sources, earthquake generation physics, theory of geophysical data inversion and its application, and crustal dynamics in plate subduction zones




・主要論文 / A list of five major papers

・Matsu’ura, M. and T. Sato (1989), A dislocation model for the earthquake cycle at convergent plate boundaries, Geophys. J. Int., 96, 23-32.
・Matsu’ura, M., H. Kataoka, and B. Shibazaki (1992), Slip-dependent friction law and nucleation processes in earthquake rupture, Tectonophysics, 211, 135-148.
・Yabuki, T. and M. Matsu’ura (1992), Geodetic data inversion using a Bayesian information criterion for spatial distribution of fault slip, Geophys. J. Int., 109, 363-375.
・Fukahata, Y. and M. Matsu’ura (2006), Quasi-static internal deformation due to a dislocation source in a multilayered elastic/viscoelastic half-space and an equivalence theorem, Geophys. J. Int., 166, 418-434.
・Noda, A. and M. Matsu’ura (2010), Physics-based GPS data inversion to estimate 3-D elastic and inelastic strain fields, Geophys. J. Int., 182, 513-530.



・主な業績 / Major achievements (in Japanese)

(1) 任意の内部力源(断層すべり,亀裂の開口,等方膨張)による弾性−粘弾性層構造媒質の内部変形・応力場の数学的定式化を行い,プレート沈み込み帯の長期的地殻変形過程を理論的に解明した。
(2) 赤池のベイズ情報量規準(ABIC)を導入して地球物理データのインバージョン解析理論を体系化し,地震のCMTデータから地殻内応力パターンを推定する手法,測地データから地震時のすべり分布及び地震間のすべり遅れ分布を推定する手法,及び島弧地殻の3次元弾性/粘弾性歪み場を分離推定する手法を開発した。
(3) 岩石実験に基づく断層構成則を支配方程式として地震の発生過程を物理的に理解しようとする研究分野(地震発生物理学)の創生と発展に主導的役割を果たし,断層構成則とすべり応答関数とプレート運動がカップルした非線形モデルを地球シミュレータ上に構築してプレート境界で繰り返す大地震の発生過程を定量的に明らかにした。



推薦者/Nominator


佐藤 利典 (Toshinori Sato)

公益社団法人日本地球惑星科学連合
所在地:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階
All Rights Reserved, Copyright 2005-2017 Japan Geoscience Union