小西 健二 (Kenji Konishi) 先生





・受賞理由/Commendation


同位体古生物学およびサンゴ礁学への顕著な貢献により


for outstanding contributions to isotope paleontology and coral reef science




・主要論文 / A list of five major papers

・Konishi, K. and Wray, J. (1961) Eugonophyllum, a new Pennsylvanian and Permian algal genus. Jour. Paleont., 35, 659-666.
・小西健二(1965)琉球列島(南西諸島)の構造区分.地質雑,71,437-457.
・Konishi, K., Schlanger, S.O. and Omura, A. (1970) Neotectonic rates in the central Ryukyu Islands, derived from 230-Th coral age. Marine Geol., 9, 225-240.
・Konishi, K. (1989) Limestone of the Daiichi Kashima Seamount and the fate of a subducting guyot: fact and speculation from Kaiko “Nautile” dives. Tectoniphys., 160, 249-265.
・Webster, J., Davies, P. and Konishi, K. (1998) Model of fringing reef development in response to progressive sea-level fall over the last 7,000 years (Ryukyu Islands, Japan). Coral Reefs, 17, 289-308.



・主な業績 Major achievements (in Japanese)

(1)シルル紀,デボン紀,石炭紀,二畳紀,白亜紀の化石石灰藻を研究し,1新属,多数の新種を記載した.
(2)沖縄本島の時代未詳の地層の地質時代を確定した.また,琉球列島の地帯構造を識別し,それらが西南日本に連続するという解釈を提唱した.
(3)イオニウム法を日本で初めて導入し,琉球列島などの隆起サンゴ礁段丘の絶対年代を決定し,各島の10万年オーダーの隆起速度を明らかにした.喜界島における最終間氷期の海面高位期の絶対年代は,氷期―間氷期サイクルを説明するミランコビッチ仮説の実証に貢献した.また,同島の地震性隆起の発生年代・変位量のデータは,地震の発生時予測可能型モデルの有効性のテストに使われた.
(4)イシサンゴの骨格年代学的研究・同位体古生物学的研究を日本で初めて行った.最も重要な成果は,核実験前後の14C濃度の変化で,二酸化炭素の循環についての重要な情報を提供した.



推薦者/Nominator


井龍 康文 (Yasufumi Iryu)

公益社団法人日本地球惑星科学連合
所在地:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階
All Rights Reserved, Copyright 2005-2017 Japan Geoscience Union