PEPS

ロバート・ゲラー (Robert Geller) 先生





・受賞理由/Commendation


地震学の発展への顕著な貢献、特に地球内部3次元構造推定の地震波形インバージョン手法の開発と実用、地震発生メカニズムの理解の進展により


For outstanding contributions to seismology through new methods for inverting seismic waveforms for 3-D earth structure and fundamental advances in understanding earthquake sources




・主要論文 / A list of five major papers

1. Geller, R.J., 1976. Scaling relations for earthquake source parameters and magnitudes. Bulletin of the Seismological Society of America 66, 1501-1523.
2. Geller, R.J., Mueller, C.S., 1980. Four similar earthquakes in central California. Geophysical Research Letters 7, 821-824.
3. Geller, R.J., 1997. Earthquake prediction: a critical review. Geophysical Journal International 131, 425-450.
4. Konishi, K., Kawai, K., Geller, R.J., Fuji, N., 2014. Waveform inversion for localized three-dimensional seismic velocity structure in the lowermost mantle beneath the Western Pacific. Geophysical Journal International 199, 1245-1267.
5. Tappin, D.R., Grilli, S.T., Harris, J.C., Geller, R.J., Masterlark, T., Kirby, J.T., Shi, F., Ma, G., Thingbaijam, K.K.S., Mai, P.M., 2014. Did a submarine landslide contribute to the 2011 Tohoku tsunami? Marine Geology 357, 344-361.



・主な業績 Major achievements (in Japanese)

ゲラー氏は、幾つものブレークスルーにより地震学の発展に著しく貢献した。地震のスケーリング則を考察し、表面波マグニチュードが8.5で振り切れる理由を示した(代表論文1)。相似地震(繰り返し地震とも呼ぶ)の存在を初めて指摘し、波形の差分に基づいて相対的震源距離を見積もれることを示した(代表論文2)。百年間の地震予知研究を分析し、成功しなかった原因を明らかにした(代表論文3)。波形インバージョン手法を開発し、マントル最深部の局所的3次元構造の推定に初めて成功し、キャロライン・ホットスポットの起源が核マントル境界にあることを示した(代表論文4)。三陸地方で観測された東日本大震災の異常に大きな津波は、沖合で起きた海底地滑りのためであったことを示した(代表論文5)。ゲラー氏は1984年東京大学初の任期無し外国人教官として採用され、日本の地球惑星科学界の発展にも大きく貢献し、JpGUフェローに相応しい。



推薦者/Nominator


丸山 茂徳 (Shigenori Maruyama)

公益社団法人日本地球惑星科学連合
所在地:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル4階
All Rights Reserved, Copyright 2005-2017 Japan Geoscience Union